ゴローズのベルト
高額で買取ります!!

「ファッションの好みが変わった」「体型が変わってサイズが合わなくなった」などの理由で、売りたいとお考えのベルトをお持ちではないですか?
カンベルト、イーグルバックルベルトほか、ゴローズ買取の専門店リンカンがどこよりも高いお値段で、貴方の大切なゴローズのベルトを買取いたします。



ゴローズベルトの買取相場

ゴローズのベルトは全体的に幅の広いもや可動式のタイプが人気で、相場もそれを反映しています。またイーグルのバックルなどは高額になる傾向があります。

アイテム名 相場価格
4点式ベルト ¥40,000 ~ ¥60,000
アポロコンチョカスタム4cm可動式角バックルベルト ¥80,000 ~ ¥130,000
特大風車バックル付きベルト ¥130,000 ~ ¥180,000
特大フェザー4cm可動式角バックル ¥130,000 ~ ¥150,000
カンベルト ¥250,000 ~ ¥350,000
影彫り可動式ベルト ¥300,000 ~ ¥400,000
小イーグルバックルベルト ¥450,000 ~ ¥500,000
大イーグルカウントアップコンチョベルト ¥1,500,000 ~ ¥2,000,000

ゴローズベルトの買取実績

リンカンで実際にお買取をしたゴローズベルトの、過去の実績をご紹介します。リンカンではどこよりも高い査定額、満足いただけるサービスを目指して、お買取をしています。

アポロコンチョカスタム4cm可動式角バックルベルト

カスタム4cm可動式
角バックルベルト

他社例 ¥90,000-

RINKAN 買取実績

¥130,000-

特大フェザー4cm可動式角バックルベルト

特大フェザー可動式
角バックルベルト

他社例 ¥125,000-

RINKAN 買取実績

¥150,000-

特大風車バックル付きベルト

特大風車バックル
付きベルト

他社例 ¥150,000-

RINKAN 買取実績

¥180,000-

カンベルト

カンベルト
 

他社例 ¥320,000-

RINKAN 買取実績

¥350,000-

小イーグルバックルベルト

小イーグル
バックルベルト

他社例 ¥350,000-

RINKAN 買取実績

¥500,000-

大イーグルカウントアップコンチョベルト

大イーグルカウント
アップコンチョベルト

他社例 ¥1,850,000-

RINKAN 買取実績

¥2,000,000-

※相場が常に変動するため、現在の価格はお問合せ下さい。

ゴローズベルトの買取ポイント

ゴローズベルトの査定

ベルトは革の経年変化が起こりやすく、状態の良し悪しが査定に影響しやすくなります。ただしゴローズの革は質がよく長持ちするため、使い込んでいても十分な値段をお付けできます。幅は4cmの広いもののほうが人気があり、バックルに関しては、迫力のあるイーグルなどは特に高値になります。ゴローズのベルトをお売りになる際にはぜひRINKANまで気軽にご相談ください。

よくあるご質問

ゴローズの買取についてよくいただくご質問と、その回答をご紹介。ゴローズのベルト、ブレスをお売りになる際の参考にしてみてください。

キズが目立っていても買取できますか?
できます。ゴローズのベルトは、ゴローズのショップでもなかなか買えないため、お探しの方も多いアイテムです。よほどの致命的なキズでなければ買取可能ですのでご安心下さい。
黒ずみ、変色があっても大丈夫?
もちろんお買取可能です。革の経年変化による変色やシルバーバックルの黒ずみなどは、それが味わいと考えるお客様も多いのです。問題なくお買取いたします。
ネームの刻印入りでも売れますか?
バックルの裏にネームなどの刻印が入っていてもお買取可能です。ネーム入りのものは特にカスタムしたものが多く高値も期待できますので、諦めてしまう前に気軽にお問合せください。

こんな状態でも買取ります!

「キズがある」「汚れている」等の理由で、他店で買取を断られた物でも大丈夫。熟練のプロバイヤーが、貴方のゴローズにしっかりお値段をお付けします。

変色・シミありでも買取OK

変色・シミありでもOK

キズがあっても買取OK

キズありでもOK

バックルだけでも買取OK

バックルだけでもOK

選べる買取方法

0120-1178-29

ゴローズとは

1971年、高橋吾郎氏(通称ゴローさん)によって設立されたブランドで、日本のインディアンジュエリーの草分け的ブランドとも言われています。高橋吾郎氏が高校時代にアメリカ兵から革細工を教わり、さらに自身で独学を重ね、27歳の時に青山に小さなお店を出したのが、その始まりでした。その後アメリカに渡り、実際に現地のインディアンたちと交流を深め、彫金を学び、日本人初のインディアンネームを授かりました。そして帰国後、ショップを原宿に移転。これが今の絶大な人気を誇るシルバーアクセサリーブランド、原宿ゴローズへと躍進していったのです。