ゴローズのリング
高額で買取ります!!

「サイズがあわなくなった」「他に欲しい物ができた」「趣味が変わった」などの理由で、売りたいとお考えのリングをお持ちではないですか?平打ちリング、フェザーリングをはじめ、印台リングやイーグルリングほか、ゴローズ買取の専門店リンカンが、どこよりも高いお値段で貴方の大切なゴローズリングを買取いたします。



ゴローズリングの買取相場

ゴローズのリングはゴロー氏の没後もその価値が落ちることなく、安定しており、平打ちリングやフェザーリングなどは、安定した人気となっています。

アイテム名 相場価格
サンダーリング ¥20,000 ~ ¥30,000
熊の手リング ¥20,000 ~ ¥30,000
金メタル付平打ちリング ¥25,000 ~ ¥45,000
ターコイズ付イーグルリング ¥25,000 ~ ¥30,000
金ローズ付平打ちリング ¥25,000 ~ ¥35,000
小金メタル付キャストリング ¥45,000 ~ ¥55,000
金イーグルメタル付丸型印台リング ¥60,000 ~ ¥70,000
金メタル付特大フェザーリング ¥110,000 ~ ¥190,000
コンビフェザーリングM ¥150,000 ~ ¥360,000
先金特大フェザーリング ¥300,000 ~ ¥700,000

ゴローズリングの買取実績

リンカンのゴローズリングのお買取実績をご紹介します。相場を熟知したプロのバイヤーが、どこよりも高い査定を目指してお値段をお付けします。

金メタル付き平打ちリング

金メタル付
平打ちリング

他社例 ¥29,000-

RINKAN 買取実績

¥45,000-

プレーン特大フェザーリング

プレーン
特大フェザーリング

他社例 ¥80,000-

RINKAN 買取実績

¥90,000-

大金メタル付キャストリング

大金メタル付
キャストリング

他社例 ¥60,000-

RINKAN 買取実績

¥90,000-

金メタル付イーグルリング

金メタル付
イーグルリング

他社例 ¥30,000-

RINKAN 買取実績

¥45,000-

コンビフェザーリングM

コンビフェザー
リングM

他社例 ¥250,000-

RINKAN 買取実績

¥360,000-

全金ダブルフェザーリングM

全金ダブル
フェザーリングM

他社例 ¥400,000-

RINKAN 買取実績

¥520,000-

先金特大フェザーリング

先金特大
フェザーリング

他社例 ¥500,000-

RINKAN 買取実績

¥700,000-

全金特大フェザーリング

全金特大
フェザーリング

他社例 ¥1,000,000-

RINKAN 買取実績

¥1,700,000-

※相場が常に変動するため、現在の価格はお問合せ下さい。

ゴローズリングの買取ポイント

ゴローズリングの査定

多彩なデザインでコレクション性も高いゴローズのリング。その買取では、定番の平打ちリングや特大フェザーリング、キャストリングなど幅広く高価買取可能です。弊社でもゴローズのリングは強化買取しているアイテムですので、長年使用して経年変化したものでも高額で買取いたします。ゴローズのリングをお売りになる際にはぜひ気軽にご相談ください。

よくあるご質問

ゴローズの買取についてよくいただくご質問と、その回答をご紹介。ゴローズのリングをお売りになる際の参考にしてみてください。

キズがあっても買取ってもらえますか?
ゴローズのリングは、デザイン性が高くクオリティも高いためとても人気な上に、キズも味だと捉える方も多く、需要の高いアイテムです。ですので、よほどのひどいキズでなければもちろん買取可能です。
サイズ直しをしていても大丈夫ですか?
もちろん買取可能です。査定の際に号数をしっかり計り、査定をさせていただきます。査定金額に関しても、大幅なダウンとはなりませんので、ご安心ください。
宅配買取の際に品物が破損しませんか?
弊社では、お客様の品物を一点一点大切に扱っております。また、気になる方には緩衝剤付の宅配キットもご用意していますので、ぜひご活用ください。

こんな状態でも買取ります!

「キズがある」「汚れている」等の理由で、他店で買取を断られた物でも大丈夫。熟練のプロバイヤーが、貴方のゴローズにしっかりお値段をお付けします。

キズがあっても買取OK

傷があってもOK

黒ずみがあっても買取OK

黒ずみでもOK

変形していても買取OK

変形していてもOK

選べる買取方法

0120-1178-29

ゴローズとは

1971年、高橋吾郎氏(通称ゴローさん)によって設立されたブランドで、日本のインディアンジュエリーの草分け的ブランドとも言われています。高橋吾郎氏が高校時代にアメリカ兵から革細工を教わり、さらに自身で独学を重ね、27歳の時に青山に小さなお店を出したのが、その始まりでした。その後アメリカに渡り、実際に現地のインディアンたちと交流を深め、彫金を学び、日本人初のインディアンネームを授かりました。そして帰国後、ショップを原宿に移転。これが今の絶大な人気を誇るシルバーアクセサリーブランド、原宿ゴローズへと躍進していったのです。