女性らしさを大切にした日本のセレクトショップ アクアガール

アクアガールとは

アクアガール(aquagirl)は、株式会社ワールド(WORLD)が運営する日本のセレクトショップです。トレンドを抑えつつも年齢に関係なく女性らしい甘さを大切にし、自分自身のスタイルに素直になれる女性に向けた女性らしいモードをコンセプトに掲げています。

セレクトショップでありながら、アクアガールオリジナルブランドも展開しており、幅広い年齢層に愛されています。トレンドを抑えつつ、セレクトされたインポートブランドとコーディネートしやすく作られたデザインや、比較的安価な価格で購入できる点が購入される理由にあります。

アクアガールのオリジナルブランド クローラ(CROLLA)は、流行を取り入れたアイテムでありながら品のある女性をコンセプトに、アパレルアイテムに限らず、アクセサリーやバッグ、靴も展開しています。トータルコーディネート出来ることから、多くの人に愛されているブランドです。

ワールドが展開するオリジナルブランド以外にも、有名インポートブランドを毎シーズ様々なジャンルから選ばれ約100ブランドがこれまでにセレクトされ販売されています。マルニ(MARNI)やマーク ジェイコム(MARC JACOBS)、クロエ(Chloé)のディフュージョンラインのシーバイクロエ(See By Chloé)をこれまでに取り扱いをしていました。

アクアガール派生ブランド

2010年秋から、アクアガールと異なる女性をターゲットにしたアクアガール オンザストリート(aquagirl ON THE STREET)、AG バイ アクアガール(AG by aquagirl)の2つのセレクトショップが誕生します。

アクアガール オンザストリートは18歳から25歳をターゲットにしたセレクトショップで程よいモード感と女性の甘さをミックスすることをコンセプトに掲げています。AG バイ アクアガールは、10代から40代の女性をターゲットに「値ごろ・お得感がある」を感じられるようにセレクトされたアイテムは、雑誌やキッズ商品、デイリーウェアなど幅広くセレクトすると共に、海外で買い付けされたアイテムも取り扱うなど、アイテムを限定するのではなくジャンルに捕らわれないセレクトショップです。

そして、2011年からは初のコスメティックブランド アクアガール コスメテック(aquagirl cosmetics)をスタート。ウェアからコスメを、アクアガールで揃えたいという女性の要望に応え、スタートしたブランドは、リボンをモチーフにアクアガールらしいコスメを展開しています。

最近の動向

2020年秋冬コレクションを最後にアクアガールはブランド終了を発表しました。これに伴い、ワールドが運営する5ブランドも終了を発表しました。

幅広い層で多くの女性に愛されたブランドは2020年秋冬を持って22年の歴史に幕を閉じます。

アクアガールの買取についてはこちら »