ベッドフォード 歴史と概要

ベッドフォードの始まり

ベッドフォード(BED J.W. FORD)は2010年に山岸慎平と高坂圭輔により立ち上げられた日本のメンズファッションブランドです。2011年春夏シーズンよりスタートした同ブランドは洗練されたデザインと服作りに対する熱い姿勢から、国内外で注目を浴びています。

デザイナーの山岸慎平は上京してから2年ほど古着屋で働いていた後、ジェネラルリサーチ(現在はリサーチ)で、企画アシスタント、販売、PR業務に携わりました。

そして、自分が着たい物を作りたいという真摯な気持ちから高坂圭輔と一緒にブランドを立ち上げます。山岸にとって裏原カルチャーはファッションに興味を持つきっかであり、アンドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)やドリスヴァンノッテン(Dries Van Noten)、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)といったブランドを好んで着ていました。

ベッドフォードの魅力

そんなデザイナーが手掛ける同ブランドのテーマとなるキーワードは「ナルシスト」と「ロマンチスト」。”着飾る”をコンセプトに生活の中にある物事で美しさ、儚さを感じられる空間やモノ、音や映像を自分達の解釈で洋服へ落とし込み、毎シーズンテーマを設けコレクションを発表しています。

シーズン問わず、とにかく差別化を図るために生まれてきたようなファッション性の高いルックが顔を連ね、新鮮な提案をし続けています。

代表的なアイテムはMA-1。通常のMA-1はアームホールにポケットがあったり、ボディーに中綿が入っていたり、裾がリブで仕上げられていたりしますが、そういったMA-1を代表する装飾を全て削りノーカラーにしたのがこのアイテム。

ミニマルで美しく、ブランドの良さがあふれ出しています。こうしたミニマルでシャープなデザインとアヴァンギャルドなアイテムを生み出す姿勢は、潔く服好きの気持ちに応えてくれます。

デザイナーの考える服作り

デザイナーの山岸は自己満足だけでなく多くの人に認知されるブランドにならないといけないと感じており、今後はインスタレーション、コレクションをきちんとやっていき「自分はこういう人(ブランド)です」ということをもっと伝えていかないと、その上で常に新しい物を取り入れて循環させないと、唯一無二な物を作りあげるのは難しいと語っています。

2017年春夏シーズンでランウェイデビューを果たしたブランドの今後に注目です。

ベッドフォードの買取についてはこちら»