エフェクターの概要

エフェクター(EFFECTOR)は1995年の創業当初より”仕立てる眼鏡屋”をコンセプトに掲げ、東京青山の骨董通りにも店を構えるオプティカルテーラー クレイドル(OPTICAL TAILOR CRADLE)が、2005年に“Rock On The Eyewear”のコンセプトの下に立ち上げた、国内アイウェアブランドです。

武骨なメガネフレーム

エレキギターの音を変える音響機器の名を冠し、レトロでモダンなスタイルの代表的なメガネブランドであるエフェクター。

ファッションブランドやミュージシャンともコラボしており、そのメガネは日本では1つのファッションとして浸透していると言っても過言ではありません。

柔らかい雰囲気のメガネが多くなっている中、エフェクターはロックやビートニク・カルチャー、カリスマアイコンなどからインスパイアされて誕生したメガネブランドだけあって、男らしく武骨なメガネフレームを最大の特徴としており、日本での黒セル・アイウェア人気の中心的役割を果たしています。

ベーシックな中に東京らしい感性を取り入れながら、ハンド・メイド・イン・ジャパンにこだわり、福井県鯖江市の職人の仕上げによるしっかりとしたディテールを大切にしています。

そのクオリティの高さが評価され、クレイドル以外の多くのアイウェアセレクトショップで取り扱われています。

豊富なアイウェアのモデル

ベーシックなモデル名の殆どに、「fuzz」や「distortion」、「overdrive」のように、音響機器のエフェクターの名前が付けられており、中にはアレン・ギンズバーグやジャック・ケルアック、ウィリアム・バロウズといったビートジェネレーションのカリスマの名を冠したモデルのメガネも存在します。

コラボレーションも豊富

ファッションブランドとのコラボレーションアイテムも多く、ネイバーフッドやエフィレボル、ダイエットブッチャースリムスキンなどの人気あるドメスティックブランドが参加しています。

そのオリジナリティーはクリエイターやファッションカルチャー方面からも支持されており、芸能人なども愛用するエフェクターのアイウェア。今後もブランドが出す新しいラインに注目です。

エフェクターの買取についてはこちら»