古着とモードの融合

エッセイ(ESSAY)とは、2015年に加瀬隆介と竹井博秀によりスタートした国内ファッションブランドです。まだ設立間もないブランドですが、瞬く間にファッショニスタ達に注目され、即完売するアイテムも数多くありました。 デザイナーである加瀬氏は、University of the Arts Londonを卒業しており、その後ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)でアシスタント経験を積んだエドウィナ・ホールが立ち上げたファッションブランドであるエドウィナホール(Edwina Höerl)で経験を積んでいます。また、老舗古着屋での経験もあり、古着に親しんでいた経験の持ち主です。 一方、デザイナーの竹井氏は、同校University of the Arts Londonを卒業後、主にインポートのモードブランドを扱うDUNE SHOWROOM/Nidに勤めています。 古着に親しんだ加瀬氏とモードに親しんだ竹井氏の二人による、古着とモードのミックスのようなテイストを持つエッセイのアイテムは毎シーズン大きな注目を浴び、人々を魅了します。

魅力的なアイテム達

エッセイの代表的なアイテムとして、バルーンシャツが一番に挙げられます。バルーンシャツは、ファーストコレクションから定番アイテムとして展開しており、非常に人気のあるアイテムで、エッセイの持つ魅力が詰め込まれたアイテムといえます。 アジャスターが付いており、背中にボリュームを出すことができるバルーンシャツはその美しい立体的なシルエットでスタイリングに新たな刺激を加えてくれます。 シャツに関しては他にも、エッセイはオーバーサイズのシャツなどを展開しており、派手なデザインではないものの、独特のシルエットがお洒落さを引き出しています。 シャツ以外のアイテムにも、袖口を切りっぱなしにしたテーラードジャケットや、ビッグポロシャツ、オーバーコートなど、エッセイ独特の古着とモードのミックステイストが盛り込まれており、こだわりの利いたアイテムとなっています。

今後も要注目のブランド

ファーストコレクションでPAGE1から始まり、現在PAGE5まで発表されているコレクション。増々エッセイの注目度が高まることは間違いありません。今後の活躍に期待が膨らみます。
エッセイの買取についてはこちら»