フランクリーダーとは

フランクリーダー(FRANK LEDER)とは、1999年にドイツ人デザイナーであるフランク・リーダー(Frank Leder)がドイツに設立したファッションブランドです。 創設者であるフランク・リーダーは1974年にドイツで生まれました。数々の有名ファッションデザイナーを輩出しているセント・マーチンズ(Central Saint Martins)に入学します。1999年に発表した卒業コレクションが、アレキサンダー・マックイーン(Alexander Mcqueen)から高い評価を受けたことで一躍有名となり、ブランド設立に繋がりました。同年に、自身の名前を掲げたフランクリーダーを設立し本格的にファッションブランドとして始動しました。また、デザイナーでありながら、スタイリストとしても雑誌で活躍をしながらコレクション制作を行っていた経歴を持ちます。 ブランドコンセプトは「安定したデザインを提供し、多くの人に共感をしてもらう」を掲げています。ブランドコンセプトから理解できる通り、フランクリーダーで制作されるアイテムはどれも着心地や気安さを重視したアイテムに加え、時代に囚われない不変的なアイテムを展開しています。上質なウールやコットンを使用することで、着心地を表現し、合成繊維を使用しないことで素材本来の特徴をアイテムに組み込んでいます。また、ボタン一つ一つをアンティークやデッドストックの物を使用することで、装飾へのこだわりも見せています。アイテム制作は、基本的にハンドメイドで行われています。その為、職人の温もりを感じられると共に、同じアイテムながらも微かに違うこともアイテムそれぞれのオリジナリティが表れています。着る人に着目しているブランドであるからこそ、制作された段階では、完成度は80%だと、フランク・リーダーは語っています。初めてお客様が着用し、馴染み、破れやダメージが施されることで初めて完成度が100%に辿り着くのです。ブランドコンセプトや細部へのこだわりが掛け合わさることで、フランクリーダーの世界観が形成されています。 フランク・リーダーは自身のブランドとは別にTシャツ専門のブランドを始めるなど、新たな挑戦を行っています。また、ブランドコンセプトや制作過程がサスティナブルと合致している点や、委託しているドイツの工場は機械化が進み工場が減る世界で、技術を評価しブランドの委託工場に選ぶなど、現代のファッションの有り方を体現しているファッションブランドです。
フランクリーダーの買取についてはこちら»