イタリアのファッションニスタと仕立て屋が作り出すファッションブランド ガブリエレ パジーニ

ガブリエレ パジーニ とは

ガブリエレ パジーニ(GABRIELE PASINI)とは、トップメゾンの生産を手掛けるラルディーニ(Lardini)社とガブリエレ・パジーニが共同で2013年に立ち上げたファッションブランドです。

イタリア出身のデザイナーにしてイタリアを代表するファッションニスタで知られるガブリエレ・パジーニが作り出すクラシックでオリジナリティ溢れるサルトリアーレのアイテムが人気を博しています。また、着こなし方が度々注目される事から、出身地であるイタリアのモデナの名前を取って”モデナの怪人”と呼ばれています。世界のファッションの動向を伝える雑誌に着こなし方が取り上げられるほど、ファッションニスタとしても注目される人物です。

ブランドコンセプトは、「ナポリの伝統的なサルトリアーレの技術に英国の風合いを加え、独特の世界を提示する」ことを掲げています。ナポリの伝統的なサルトリアーレは、ソフトテラーリングに加えたことで美しいシルエットに仕上げたテーラーリングを特徴としています。また、英国はブリティッシュスタイルと呼ばれるスタイルで重厚感のあるテーラーリングが特徴的です。異なるテーラーリングをガブリエル・パジーニが独自の見解を加え組み合わせることでデザインを生み出したアイテムを展開しています。

また、デザインに無限な可能性を見出すことで新たな表現に挑戦したことでも注目を集めました。それが、ヴィンテージファブリックや最新のファブリックを使用したことや、現代のファッションスタイルに欠かせないストリートスタイルとテーラーリングを融合させたことです。斬新な着こなし方を得意とするガブリエレ・パジーニだからこそ、ブランドコンセプトを壊さずに新たな挑戦を定義できたと称されました。

ガブリエレ パジーニのアイテム全てをラルディーニ社が製造しています。ランディーニ社が今まで手掛けてきたトップメゾンは、プラダ(PRADA)やバーバリー(Burberry)、ドルチェ&ガッパーナ(DOLCE&GABBANA)などを手掛けていきました。ガブリエル パジーニでもラルディーニ社の技術が遺憾なく使用されています。

今や、サスティナブルはファッション業界に大きな意味を持つキーワードです。テーラーリングを扱うファッションブランドは素材から仕立ての技術の高さを妥当な値段で提示することで、一生もの買い物を我々消費者に提示しています。この動きは、ガブリエレ パジーニも同様の事が言えます。また、ガブリエレ パジーニが作り出すアイテムは、現代と融合させたアイテムを展開している為、サスティナブルを掲げたコレクションを発表するが今後は注視されています。

ガブリエレ パジーニの買取についてはこちら »