自然の力を使用したレザーブランド ジョルジオ ブラッド

ジョルジオ ブラッドとは

ジョルジオ ブラッド(GIORDIO BRATO)とは、レザー職人として活躍していたジョルジオ・ブラッドが父親の事業を引き継ぐ形で自身の名前を冠したブランドを2003年に設立したのが始まりです。

約20年間、レザー職人として培われた技術は、世界のレザーファンから高い支持を得ています。ジョルジオ・ブラッドは、タンニングの魔術師と呼ばれる程、タンニング技術に定評があります。タンニングとは、レザーをお洋服やバッグに使うための下準備を指しています。そんな、細かい工程を必要とするタンニングですが、ジョルジオ・ブラッドはベジタブルタンニングを採用しています。ベジタブルタンニングは、通常のタンニングとは異なり、薬品を一切採用しないタンニング方法です。天然の草木から抽出されるタンニンを使用する為、色合いに個体差が出てしまう事から、濃度調整に30以上の工程が必要です。そんな、数々の工程を要しても、ジョルジオ・ブラッドが持つ高い技術で独特なレザーアイテムを完成させています。それが、ベジタブルタンニング使用したレザーアイテムです。独特なカラーリングを配色したレザージャケットからシックでモダンなカラーリングまでも幅広く表現しています。また、レザージャケットに留まらず、バッグでも高い技術を垣間見ることが出来ます。

ジョルジオ ブラッドのアイテムは、友人が壁にペイントを施した際にインスピレーションを受けたとされています。そこから、壁に描くペンキに合わせて果物を混ぜ合わせることで、アイテムにナチュラルな独特な風合いを作り出しています。また、ジョルジオ・ブラッドは、自身のレザーアイテムを「独特な手法で施したレザージャケットは、着ることで繊細に着用者の生活に溶け込み、自然に変化していく、この世で唯一のもの」とか語っています。その言葉から理科出来る通り、細かい工程と高い技術を施すことで、着る人で変化するレザーの最大の特徴を生かしている事が伝わります。

最近では、このベジタブルタンニングというタンニング技術がサスティナブルであることから、多くのブランドが注目している技術でもあります。

ジョルジオ ブラッドの買取についてはこちら »