ガールズドントクライの概要

ガールズドントクライとは

グラフィックデザイナーのヴェルディ(VERDY)氏が手掛けるプロジェクト。
プロジェクト名の由来は“泣かないで”を意味する「Girls Don’t Cry」。 VERDY氏の妻へ向けた“いつも笑顔でいてほしい”という思いが込められたものです。

 

ヴェルディ(VERDY)氏について

1987年、大阪出身。「Girls Don’t Cry」のほかにも、「ウエステッドユース(WASTED YOUTH)」などのプロジェクトを手掛けているVK DESIGN WORKS所属のグラフィックデザイナーです。

“VERDY”という名前は、サッカーチームの「ヴェルディ川崎(現 東京ヴェルディ1969)」のユニフォームをよく着ていたところから由来しているそうです。

ガールズドントクライはインフルエンサーの着用によって話題となりました。

最近では、ユニクロ UTとのコラボTを発売しました。現在の東京 ストリートシーンに欠かせない存在となっています。

 

様々なコラボレーション

インフルエンサーの着用により話題となりましたが、様々なコラボレーションを行い、国内のみならずストリートシーンの注目度が高まりました。

下記がガールズドントクライとコラボレーションをしたブランド・ショップ等になります。

 

【HUMAN MADE】

2019年2月、東京ストリートのレジェンド的存在、NIGOが手掛ける「HUMAN MADE」とのコラボレーションアイテムをHUMAN MADEのオンラインでゲリラリリースしました。

二人で海外のポップアップにも参加し、大きな話題を呼びました。

2019年5月には京都にオープンしたHUMAN MADE1928内にはGirls Don’t CryとHUMAN MADEの【GENERAL STORE】が常設されました。

 

【NIKE】

2018年にニューヨークで開催されたHYPEFESTで初披露されたコラボモデルが、2019年2月、Nike SBとのコラボコレクションリリースとなり、

大阪スポタカ限定で国内発売され、3000人超えの長蛇の列を作りました。

 

【BABY-G】

BABY-GではVERDYとのコラボレーションキャンペーンが実施されました。

VERDYが愛妻に初めてプレゼントした思い出の腕時計が「BABY-G」ということだったということから実現したキャンペーン。

数量限定ノベルティに別注ポーチやオリジナルステッカーが配布されました。

 

【UNDER COVER】

2018年にMAD STORE原宿・名古屋限定で発売されました。

通常とは異なるGirls Don’t Cryロゴ・バタフライ・スマイルなどがプリントされた

Tシャツ・パーカー・小物が展開されました。

 

【The Good Company】

原宿のセレクトショップ「TOXGO」にて、The Good Companyコラボアイテムが

インスタグラムのストーリーズにて突如発表され、ゲリラリリースとなり即完売。

Tシャツ・ビーニー・バンダナが発売されました。

 

【CAREERING】

俳優の松田翔太がアートディレクションするピアスブランド「CAREERING」のコラボレーションをインスタグラムで発表しました。

ハートモチーフ、Girls Don’t Cryのロゴを配置したピアスなどが展開されました。

CAREERINGとクリエイター野村訓市の「TRIPSTER」とのトリプルコラボレーション企画でスウェットシャツを渋谷のTRUNK (HOTEL)で発売しました。

 

【BEAMS T】

BEAMS T 原宿にてポップアップストアを1日限定で開催しました。

ポップアップストアでは、Tシャツ・キャップ・ソックス・クッションなどが展開され、ブルーをベースとした色合いが特徴的です。

 

【Amazon Fashion Week TOKYO】

Amazon Fashionとのコラボ “AT TOKYO”が開催されました。

2日間限定で行なわれ、Girls Don’t Cry CafeではVERDYがデザインしたフォトスポットが設置されました。

また、この企画ではAmazonサイト内の「BRAND STORE」でAT TOKYOとGirls Don’t Cryとのコラボレーションアイテムが、

サイト上の設定の誤りにより発売予定時刻よりも事前に購入できてしまう事態が起き、発売前にアイテムが完売したことを受け、Amazon Fasionが再販しました。

 

 

ポップアップストアなどの期間限定発売が多く、オンラインストアではなかなかゲットすることのできないという点が人気を加速させ、これからも目が離せないブランドです。