ハリーウィンストンとは

1932年、ハリー・ウィンストン(Harry Winston)がアメリカのニューヨーク五番街にハリーウィンストンを設立して以来、キング・オブ・ダイヤモンドと呼ばれるほど、ジュエリーブランドとして知られています。 ハリー・ウィンストンはジュエリーブランドを設立する以前、エステート・ジュエリーや名高いダイヤモンドの数々を取り扱う屈指のダイヤモンド商として注目を集めていました。 宝石商を営んでいた父の影響からジュエリーの世界に足を踏み入れ、1920年にハリーウィンストンの足掛かりとなるプレミアム・ダイヤモンド社を設立。以後、顧客の中には名家や王族、大物実業家などが名を連ねました。ハリーウィンストン設立後、アメリカ本土に留まることなく、世界的に有名な宝石コレクターが彼の知識を求め集まりました。

唯一無二の存在

当時のジュエリーブランドは分業が多く、ハリーウィンストンのように買付けからジェリーデザイン、販売を行っているブランドは唯一無二の存在でした。 エステート・ジュエリーの名を耳にすると世界中を飛び回って手に入れるために奮闘したハリー・ウィンストンはこれまでに数々のダイヤモンドを保有してきました。 上品質で厳選したダイヤモンドは業界からも高い支持を得ています。4C(カラー(color)、クラリティ(clarity)、カラット(carat)、カット(cut))と呼ばれるダイヤモンドの基準値はどれも最高値で、厳しい選定基準をクリアしたジュエリーのみ店頭に並びます。 純度の高いダイヤモンドを選定し、販売していることや「歴史的に有名な宝石の3分の1はハリーウィンストンの手に。」「ハリーウィンストンは歴史的に価値ある宝石を世界で2番目に多く所有している。」などと言われていることからハリーウィンストンはキング・オブ・ダイヤモンドと呼ばれています。

ジュエリーブランドの先駆者

ハリー・ウィンストン自身がジュエラーとなることでカッティングやセッティングを施し、最高級のデザインに仕上げています。プレミアム・ダイヤモンド社時代にはアンティークのリメイクをしていた背景から自らデザインを行っていたと言われています。 ジュエリーを知り尽くしたハリー・ウィンストンが作るアイテムはエレガントでラグジュアリーな雰囲気を持つアイテムに仕上げています。自らデザインを行うことでジュエリー本来の輝きと美しさを引き出しています。
ハリーウィンストン 高価買取いたします »