ヒューゴボスの歴史

ヒューゴボス(HUGO BOSS)は、デザイナーであるヒューゴ フェルデナント ボス(Hugo Ferdinand Boss)がドイツのメッツィンゲにて1924年に自身の名を冠してスタートさせたメンズファッションブランドです。

波乱の始まり

ブランド設立をした1924年は、第一次世界大戦が終わりドイツが混乱していた時期でもありました。デザイナー自身も、第一次世界大戦で戦争に出兵し、無事生き延びて帰国しています。

初めは、小さな仕立て屋としてヒューゴ ボスは経営されていましたが、当時のドイツは多額の賠償金や極度のインフレによって経済が混乱していました。それでも何とかヒューゴボスはやりくりされていましたが、世界恐慌の影響でついに破産します。

オイゲン ホーリー(Eugen Holy)によるブランディング

そして、63歳という年で亡くなったヒューゴ ボスの後継者として、オイゲン ホーリー(Eugen Holy)がヒューゴ ボスを経営し始めます。

彼は、男性用のオーダーメイドのスーツを発表し、60年代にはブランド初の既製スーツを発表し、そのスーツのクオリティの高さから次第に世界的ブランドへと昇りつめます。

そして、メンズコレクションにてダブルボタンのシングルブレザーなどが大ヒットし、一流ブランドとしての地位を確立しました。

現在のヒューゴボス

現在では、中心となるメンズウェアだけでなく、レディースウェアやキッズウェア、アイウェア、フレグランスなど幅広い展開を行っています。ターゲットとなる客層に合わせて、ボスやヒューゴなど様々なラインで展開しています。

また、ヒューゴボスはスポーツ界へのスポンサー活動も活発であり、2013年にはドイツサッカー代表の公式スーツを手掛けたり、F1やテニス、ゴルフなどにもスポンサーとして協賛しています。

ヒューゴボスの買取についてはこちら»