ジョンガリアーノの歴史と概要

ジョン ガリアーノ(John Galliano)は1985年、創業者のジョン ガリアーノが自身の名を冠したブランドでロンドンコレクションデビューしたイギリスのファッションブランドです。メンズ及びウィメンズを展開しており、現在ではパリにてコレクションを発表しています。

創業者 ジョン ガリアーノ(John Galliano)

創業者ジョン ガリアーノは1960年、イギリスの植民地、ジブラルタルに生まれました。本名はホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ。

父親はジブラルタル出身でロンドンで配管工を営み、母親はスペイン人。6歳でジブラルタルから父の働いていたロンドンに移住しました。

ウィルソングラマースクールを卒業後、セントマーチンズのテキスタイル科に入学(途中テキスタイル科からモード科に移籍)。84年、セントマーチンズのモード科を首席で卒業しました。

フランス革命にインスパイアされたという卒業制作のコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」がロンドンのサウス・モルトン・ストリートのブティック「ブラウンズ」のショーウィンドウを飾り、好評を呼んで、ブラウンズと5年間の契約を結びました。

デビュー当初の苦悩

デビュー当初はジャケットをボトムに使った「さかさまの服」、ジャケットを逆さまにそして裏返しに着たデザインなど、アヴァンギャルドさが話題を集めました。

1985年、ロンドンコレクションでデビュー。デビュー間もないころから高い評価を得ていましたが、あまりにも革新的なジョン ガリアーノのデザインは「売れない服」という烙印を押されてしまいます。

当時のファッションの主流はグランジファッションとミニマリズムで、対して50年代風の華やかなスタイルとテーラードの技術にこだわり続けたガリアーノの服は売れる服としては受けが悪かったのです。

高く評価されるアヴァンギャルドさ

1989年、パリ・オートクチュール協会の招待でコレクションを発表。1990年には、資金難により破産。しかしその手法や想像力は高く評価されており、その後1991年、パリ・コレクションの正式メンバーに加入。コレクションの発表の場をロンドンからパリに移しました。

1993年春夏コレクションを資金難のため見送りますが、ジョン・ガリアーノを高く評価していた『VOGUE』のアナ・ウインターやアンドレ・レオン・タリーの助けにより、新たなスポンサーを獲得しました。

今後のブランド

その後ジバンシィやクリスチャン・ディオールなどでデザイナーやクリエイティブディレクターを務めその技術やデザイン性を世界に認められる存在になりましたが、2011年、バーで酒に酔い、カップルに対して差別的な発言をしたため警察に一時拘束され、ブランド「クリスチャン ディオール」及び自身のブランド「ジョン ガリアーノ」を解雇されました。

後任にはビル・ゲイテンが就任し、今後も目の離せないブランドであることは間違えありません。

ジョンガリアーノの買取についてはこちら»