リチウム 歴史と概要

リチウムとは

リチウム(LITHIUM)は平松剛が2005年に設立した日本のメンズ&ウィメンズウェアのブランドです。メンズラインのリチウムオム(LITHIUM HOMME)は2006AWから東京コレクションに参加し、同年からウィメンズラインリチウムファム(LITHIUM FEMME)もスタートしました。

デザイナーの平松剛は法政大学法学部卒業後、ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)を経て独立。「キャトルセゾン」を立ち上げました。その後ブランドを立ち上げ東京コレクションデビューしました。リチウムという名の下、ユニセックスブランドとなりました。

リチウムの特徴

ブランドコンセプトは「着用する人のパーソナリティーの尊重」。そのコンセプトに沿う形で、厳選された良質な素材を用いた美しいシルエットへのこだわりを追及し、過剰な装飾を削ぎ落としたミニマムなデザインを実現しています。

また「クラシックと現代的エッセンスの融合」も一つのコンセプトであり、ミニマムでクリーンな世界観が服に反映され、同時に現代的なモードも取り入れています。

2009AWシーズンよりロンドンのジャスエムビー(JAS M.B.)とのコラボレーションでメンズとレディースのバッグを展開するなど他ブランドとのコラボも積極的におこなっています。

音楽との関係

また、ファッションと音楽の融合もテーマの一つとしており音楽シーンに対しても影響を与えています。

2009年10月東京原宿に旗艦店をオープンした後、2013AWシーズンにロックバンド[Alexandros](ex.[Champagne])とコラボレーションし、コレクションのテーマ楽曲「Oblivion(feat.LITHIUM HOMME)」を発表。

2014年には「LITHIUM ROCK FESTIVAL」というフェスの開催も実現させました。また2015AWリチウムのレディースラインLITHIUM FEMMEが10周年を記念し、back numberとコラボしたことも有名で、名曲「花束」を題材として短編映画が制作されるという形でコラボが実現しました。

脚本とプロデュースはデザイナーの平松氏が務め、30分という短い時間ですが、かなり密な内容になっています。幾つかのバンドのスタイリングを担当した平松氏だからこそ実現したものとなっています。

2016年、名古屋と大阪に直営店をオープンした同ブランド。ライダースジャケットやモッズコートなどを定番アイテムにしながら落ち着いたデザインやきれいなシルエットのアイテムを展開しています。音楽ファンにも人気のあるブランドの今後に注目です。

リチウムオムの買取についてはこちら»