サスクワッチファブリックスの歴史と概要

ブランドの始まり

サスクワッチファブリックス(Sasquatchfabrix.)は、長岡造形大学出身の横山大介氏、荒木克記氏によるデザインユニット「Wonder Worker Guerrilla Band」が手掛けるブランドとして2003年に活動をスタートしました。

同じ大学にいながらも、横山氏は建築,荒木氏は染色を専攻しており、畑違いの二人が一度就職した後再会して生まれたブランドです。

最初は5型程度のTシャツと写真集からスタートし、そこから徐々にパンツやシャツなどにもデザインの幅を広げ、現在はアヴァンギャルドなアイテムの数々を展開しています。

また、グラフィックをメインに、国内外での立体造形物によるインスタレーションやアート展など、その活動は多岐に渡ります。

デザイナーの放つグラフィックはクラシカルなモチーフに独自のエッセンスとメッセージを加えた唯一無二な作風としてファッションシーンやミュージシャンなどへグラフィックアートを提供しています。

特徴的なデザイン

ブランドコンセプトは「HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS.」。ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきもの。ファッションを表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの工程と否定を繰り返しながら前衛的で遊び心のある洋服づくりをする。

また情報を共有する時代であり、文化の均質化が進み、地域性のある衣服が失われつつある今、新しい時代のリアリティを追究し、固有の地域に住む者、この時代に生きた者にしか作れない民族性のある物作り。

これらを重要なテーマとし、高い次元での既存の芸術を破壊し、常に新鮮で前衛的なセンスを提供することをブランドの軸としています。

独特のデザインは、圧倒的に前衛的でありながらも、トータルとして度が過ぎないような素材が親しみの持てるものに変えられていたり、リアルクローズとしての側面はきっちりと押さえられている東京のストリートらしさが反映されているアイテムが特徴的です。

Supremeとのコラボレーション

2016年にはシュプリーム(Supreme)とのカプセルコレクションを発表し、ハンテン風コートとシャツ、チノパン、袴ショーツ、春画などがプリントされたTシャツシリーズ、スリップオンシューズやハット、そして扇子といったアイテムがラインアップされ、人気を博しました。

メインである「sasquatchfabrix.」の他、ネイティブアメリカンテイストの「sasquatchfabrix. EOTOTO」を手掛ける注目のブランドです。

サスクワッチファブリックスの買取についてはこちら»