タグ・ホイヤーから新作が登場

2020年6月に発売されたタグ・ホイヤー(TAG Heuer)のゴルフエディションであるタグ・ホイヤー コネクテッド ゴルフエディション(TAG Heuer Connected Golf Edition)から新作が登場しました。 右腕に「キャディー」を兼ね備えたスマートウォッチはゴルフコミュニティが選ぶスマートウォッチへと急成長しました。 タグ・ホイヤー コネクテッド ゴルフエディションを着用することで、プロと遜色ないクオリティを発揮できる機能を兼ね備えています。また、エレガントでスタイルに妥協することなく追求されたデザインは多くの人に支持されています。 タグ・ホイヤーは多くのプロゴルファーに愛用されている事も有名で、タグ・ホイヤーのアンバサダーを務めるトミー・フリートウッド(Tommy Fleetwood)もプロゴルファーです。トミー・フリートウッドは「このウォッチを気に入っていて、コースの中でも外でも着けています。 機能がよく考えられていて、ゲームの精度をより正確にしてくれるのでゴルファーはこのウォッチでメリットを実感できるでしょう。 」と語っています。

追加された機能 その1

タグ・ホイヤーのスマートウォッチはマッピングテクノロジーが他社と一線を画す機能です。新作はさらに磨きがかかり、2Dマップやリアルな3Dコースをスマートウォッチとアプリで連携するスマートフォンで表示することが可能で、最新作は2Dマップが改良され森林の樹木などの細かい表示を可能にしています。

追加された機能 その2

最新作では、使用するクラブをお勧めしてくれる機能が追加されました。プレイヤーの記録をあらかじめ登録することで、プレイヤーのショット考慮しベストのクラブを選択してくれます。

追加された機能 その3

従来ならスコアできる試合が少なかったものの、最新作ではストロークプレーやステーブルフォード、マッチプレーにおいてもスコアを視覚化することで、コンペティションだけではなく親善試合でもサポートをしてくれます。

追加された機能 その4

ショットランキング機能が追加されました。この機能は、スコアをたどるだけではなく、プレイヤーが歩く際にショット距離も記録します。ショット軌道をシュミレーションしてスマートフォンで表示させ、ラウンド後は分析を可能にしました。プレイヤーの記録が増えれば増えるほどクラブ提案機能が上がりより良いクラブで高いスコアを出せるようになります。

豊かなデザイン

ゴルフに適したスマートウォッチでありながら、ディスプレイデザインを自身の気分で変更可能でデザインが豊富にあります。また。ベルトも自身で簡単に変更できることから、スタイルに合わせて時計を楽しむことができます。