ザ・リラクス 歴史と概要

ザ・リラクスのはじまり

ザ・リラクス(THE RERACS)は、倉橋直実がデザイナーとしてスタートさせた国内ファッションブランドです。メンズ、ウィメンズともに展開しています。2010年にブランドがスタートしました。

デザイナーの倉橋直実は、1981年に静岡県にて生まれました。高校生のころには、ラフシモンズ(RAF SIMONS)の服作りに大きな衝撃を受け、大学卒業後には某セレクトショップに勤めました。

セレクトショップでの仕事の傍ら、パターンメイキングとテキスタイルについて勉強していました。そして、セレクトショップでの経験も活かし、2010年にディレクターである倉橋直行と共にザ・リラクスをスタートさせます。倉橋直行は、アパレル企業でのブランドの立ち上げやマーケティング経験があり、バイヤー経験もありました。

ザ・リラクスの魅力

ザ・リラクスのデザインは、どれも派手なデザインのものはありませんが、パタンナー経験を活かした絶妙なシルエットと機能性を備えたシンプルなデザインは男女ともに人気を集めています。

テーラードジャケットやモッズコートなどのベーシックなウェアにデザイナーの考える現代らしさを加えており、着用する人を美しく見せます。

この絶妙なシルエットを実現しているのが、素材(テキスタイル)への強いこだわりです。上質な素材を求め、何度も試行錯誤した後に製作されたザ・リラクスの服は、他にはない現代的な上品さを感じさせます。

2017秋冬シーズンでも、メンズ・ウィメンズともにベーシックなアイテムにワンポイントエッセンスを加えたデザインがザ・リラクスらしい上品さを表現しています。

ワンポイントとして代表的なのが、イカリのような形をしたピンバッチです。これにも、デザイナーのこだわりが見られ、ボタンも職人により製作されています。

THE RERACS FITTING HOUSE

2017年6月には、試着のみを行うという斬新なスタイルのショップである、「ザ・リラクス フィッティングハウス(THE RERACS FITTING HOUSE)」を東京にオープンします。元々ブランド自体取り扱い店舗が少ないこともあり、話題を集めました。ブランド公式サイトでは、オンラインショップが設けられています。

現代では派手なデザインの洋服も多く増えてきている中、シルエットとテキスタイルに重きを置いたベーシックなデザインを提案するザ・リラクスは現在要注目の国内ブランドと言えるでしょう。今後のブランドの活躍が期待されます。

ザ・リラクスの買取についてはこちら»