アンドゥムルメステールのスタート

アンドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)は、1989年にベルギーのコートヤックで生まれました。1981年にアントワープ王立美術アカデミーを卒業しました。 1985年には、夫であるパトリック・ロビン(Patrick robin)と一緒に、自身初のブランドとなる「アンドゥムルメステール」を立ち上げます。

「アントワープの6人」

翌年の1986年にはロンドンの展示会で美術アカデミーの卒業生である、ウォルター ヴァン ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)、ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)、メゾン マルジェラ(Maison Margiela)、ダーク ヴァン セーヌ(DIRK VAN SAENE)、ダーク ビッケンバーグ(DIRK BIKKEMBERGS)と一緒に参加し、「アントワープの6人」として、デビュー前から注目される存在となっていきました。 アンドゥムルメステールは、ファッションもコミュニケーションの一部という考えから、モノトーンを基調とし、対照的なものが共存するデザインを得意としています。そんなデザインが認められ、1986年には、ロンドンのコレクションに参加しました。

初のレディースコレクション

1987-1988からは、レディースのコレクションもスタートさせます。1991年からは持ち場をパリに移し、1992年に初めてとなるレディースコレクションを発表します。 さらに1996年からはメンズコレクションとメンズラインを、同時にスタートさせました。

世界展開へ

同年には、「Culture Award」をベルギーで受賞し、1999年には、アントワープで自分のお店をオープンさせます。日本では販売店として、表参道ヒルズにオープンしました。日本が本国以外では初の出店となり、世界に展開していきました。 2005年には、パリで行われたメンズコレクションに出展しました。

前向きな辞任

2008年には、2008-09秋冬で、レディースアーカイブライン「ANN DEMEULEMEESTER collection blanche」を発表します。そんなアンも25年続けてきた自社ブランドから、2013年に辞任を発表し、2014-2015年秋冬コレクションが最後の舞台となりました。 小さいころからデザイナーの仕事に憧れ第一線で走ってきたアンも、ファッションで成功するという夢を叶えます。更なるステップアップのための前向きな辞任とあって、これから違う分野でのアンの活躍に期待の声が寄せられています。
アンドゥムルメステール 高価買取いたします »