ビューティフルピープル 歴史と概要

ビューティフルピープルとは

ビューティフルピープル(beautiful people)は、2007年にデザイナーの熊切秀典が中心となってスタートした日本のファッションブランドです。主にウィメンズを中心に展開しており、メンズラインも展開しています。

ビューティフルピープルには、熊切氏を中心としたデザインチームがおり、文化服装学院の同級生であった、戸田昌良・米タミオ・若林祐介が共にデザインチームを手掛けており、戸田氏はパターン、米氏は企画生産、若林氏は営業と分業をして活動をしています。

特に、熊切氏は、コムデギャルソンでのパタンナー経験、米氏はコムデギャルソンでの企画生産の経験があり、経験豊富な実力派が揃ったデザインチームがビューティフルピープルを支えています。

デザインの特徴

ビューティフルピープルの代表的なアイテムは、ライダースジャケットです。独特な加工を施したデザインは、多くの女性を虜にし、男性にも人気のあるアイテムです。

また、ライダースジャケット以外にも、ライダースジャケットのディティールを凝縮したようなデザインのバッグなども斬新なデザインから人気のアイテムとなっています。

これら以外のアイテムも、ゆったり着られる着心地の良い洋服など、多くのアイテムが人気となっており、beautiful peopleのロゴがデザインされたトートバッグなども人気です。

注目を上げるブランド

ビューティフルピープルは、2007年にデビュー後、2008年秋冬には、マッキントッシュ(MACKINTOSH)によるディフュージョンブランド、トラディショナル・ウェザーウェア(Traditional Weatherwear)とのコラボレーションでトラディショナル・ウェザーウェア・アンド・ビューティフルピープル(Traditional Weatherwear and beautiful people)を発表しています。

2011年には、数多くのブランドの路面店がある東京の青山にブランド初の路面店および直営店をオープンし、話題となります。ここでは、多くのbeautiful peopleのアイテムが並んでいます。

2012年には、アクアスキュータム(Aquascutum)とのコラボトレンチが発売し、こちらも話題となります。

2015年には、ルーチン フォー ビューティフル ピープル(Routine for beautiful people)を発表し、2016年よりパリでのコレクションも発表し、世界からも注目が集まっています。

現在、2018年リゾートコレクションが発表されており、更に国内だけでなく世界から注目されていくことが期待できるブランドといえます。

ビューティフルピープルの買取についてはこちら»