ビームス(BEAMS)での取り扱い開始

1985年に誕生したビルウォールレザー(Bill Wall Leather)は、1996年に、日本の人気アパレルブランドでセレクトショップのビームス(BEAMS)で取り扱いが開始されました。 きっかけは、同じく有名シルバーアクセサリーショップであるクロムハーツ(CHROME HEATS)の取り扱いを、ユナイテッドアローズ(United Arrows)が開始したことでした。 1980年代の後半から1990年代に起こった大きなシルバーブームに対応した形でした。 ビームスでは、ビルウォールレザーのアイテムに加え、ビームスとコラボレーションしたアイテムが話題となり、バイカーだけでなく、若い女性やファッションに敏感な人々からも支持されています。

ディズニーとのコラボレーション

2009年、クリスマスシーズンには、ビームスがビルウォールとディズニーのコラボレーションを開始しました。 ハードコアなビルウォールと、ファンタジーの象徴ともいえるディズニーのコラボレーションは大きな反響を呼び、それまでビルウォールのアイテムを手にしたことがなかった層を取り込むことに成功しました。

オウルコレクション(OWL Collection)

翌年の2010年、ビルウォール創立25周年の年には、オウルコレクション(OWL Collection)をリリースしました。 ハードコアとは結び付きにくいイメージのふくろうですが、ビルウォール本人もブランドを立ち上げた当時にデザインを考えたモチーフだったということで決定されました。 このコレクションも、ディズニー同様、ビルウォールの支持層を広げるきっかけとなっています。

ブルーアイドデヴィルズ(BLUE EYED DEVILS)

2014年にはビームスが架け橋となり、ビルウォールレザーと、ハーレーダビットソン(HARLEY DAVIDSON)の唯一の公認彫刻家として知られるジェフ・デッカー(Jeff Decker)とのコラボレーションが実現しました。 ブルーアイドデヴィルズ(BLUE EYED DEVILS)と名付けられたコレクションは、親しい友人関係であるというジェフ・デッカーとビルウォール(Bill Wall)の生き様や、自由を表現したものとなっています。 このトリプルコラボレーションのコレクションは、ビームスでしか手に入らないもので、すべてにシリアルナンバーが入っている数量限定品です。ファンを魅了する企画となりました。
ビルウォールレザーの買取についてはこちら»