「ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」はイタリア発祥のブランドです。ブランド名の「ボッテガ」とは工房のことで、高品質の革を使い丁寧に作られた商品が多くの人を魅了します。

ボッテガヴェネタの始まり

ボッテガヴェネタが始まったのは1966年のことで、モルテド夫妻が北イタリアの中で美しい町並みで知られているヴィチェンツァで創業しました。 ヴィチェンツァのあるヴェネト地方には革職人が多く、その中でも熟練の腕を持つ職人を集めて革製品を手作業で作り上げる小さな工房を開きました。

グッチグループ傘下へ

始まりは小さな工房だったボッテガヴェネタですが、2001年に転機が訪れます。この年、グッチグループの傘下になることが決まりました。 そして有名ブランドでデザインの経験を積んできたトーマス・マイヤーがボッテガヴェネタのクリエイティブディレクターに着任します。 充分な資本の元でボッテガヴェネタはマイヤーの斬新なデザインも加わりブランドとして急成長を遂げることとなります。同時に、政界各国で直営店などの販路も拡大します。 現在ボッテガ・ヴェネタでは高級レザーを使った、靴、バッグ、アクセサリーなどの革製品からウェア、家具、そして香水まで展開をしています。 新たにビーズバッグなど、革を使用していない製品も注目されています。

革職人養成学校

こうして世界的なブランドとなったボッテガヴェネタですが、かつて手作業で物作りをしてブランドを支えてきた職人の重要性と未来の革職人及び伝統が廃れていく可能性に対する危機を感じ、2006年に革職人を養成、支援する学校を開校しました。

日本との関係

ボッテガヴェネタが日本で注目されたのは1974年頃と言われており、輸入卸専門商社によって商品販売がされていましたが、グッチの傘下に入ったことで独立しボッテガヴェネタ社を設立しました。 2002年にはクリエイティブディレクターであるトーマス・マイヤーが指揮を執った旗艦店をオープンします。日本に旗艦店がオープンしたのは、ミラノ、パリ、ロンドンに次ぐ4店目でした。 2007年には世界で最大規模と言われる本社も兼ねた旗艦店が銀座に出店しました。
ボッテガヴェネタの買取についてはこちら»