コディサンダーソンのはじまり

コディサンダーソンは1999年、コディサンダーソン(Cody Sanderson)によって設立された、シルバージュエリーブランドです。 コディサンダーソンは・1964年にニューヨークのメキシコ州である、ギャラップで生まれました。 育ちは、ナバホ居留地の首都、アリゾナ州ウインドーロックです。1994年、社会人になったコディサンダーソンは、ジュエリーカンパニーで営業販売の仕事をしていました。 その頃にジュエリー制作に関心を持ち始め、そして1999年、本格的にシルバージュエリー制作を始め、才能を開花させていきます。ワークショップを受講し、トゥーファキャスティングやロストワックスなどの専門的な技法を学んでいきました。 2002年に世界的にも有名なアメリカ最大、インディアンの祭典である、サンタフェ・インディアンマーケットの展示会で初めて出展し、国内のみにとどまらず、国外のコレクターからも支持を集めました。 2008年には、アリゾナ州ハード・ミュージアム((HEARD MUSEUM)が主催するハード・インディアン・マーケット2008で、ベストオブショーを受賞するなど、コディサンダーソンのセンスが評価されます。

究極のこだわり

コディサンダーソンが作るシルバージュエリーは、全工程をほぼ全て一人で行なっているのが特徴です。非常に繊細な工程もありますが、その作り方はほとんど公表されていません。 最初から最後までコディサンダーソン一人で作っているため、全ての作品がこの世界で一点もののオリジナルなのです。生産量にも限りがあるため、数を増やすことはないと言われています。

コディサンダーソンの魅力

コディサンダーソンのデザインするシルバージュエリーは、伝統的なネーティブアメリカンをモチーフにしながらも、現代的なファッションセンスを取り入れ、そのバランスの良さが魅力的です。 代表的なアイテムは、様々なスタイルに合うと支持され続けている、星の形をしたペンダントやリングとなっています。

愛されるブランド

現在はサンタフェ・ニューメキシコのスタジオを拠点に活躍しており、2015-2016秋冬からは、レディースコレクションも新たに誕生しました。有名な雑誌などにも取り上げられ、受賞歴も多くあります。 コディサンダーソンの生み出すシルバーアクセサリーは某有名人や、ハリウッドスターやセレブなど多くの人に愛されているブランドです。
コディサンダーソンの買取についてはこちら»