ドリスヴァンノッテン(Dries Van Noten)は1985年にベルギーで始まったラグジュアリーブランドです。

ラグジュアリーとエスニックの融合

ドリスヴァンノッテンのデザインの特徴として、アフリカやアジア圏などのエスニックな民族調スタイルをラグジュアリーな中に上手く取り入れていることが挙げられます。 民族調スタイルの温かみのあるデザインを基調とし、東洋的な雰囲気を現代風にアレンジして表現するのが得意です。スパンコールや刺繍模様のようなエスニック要素がスパイスとなり、モダンなのに刺激も感じられるデザインには定評があります。 エキゾチックな雰囲気とハンドクラフトの特別感が魅力のブランドであることに加え、素材にもこだわりがあることでも有名です。

群を抜く生地選び

ブランド創設者のドリスヴァンノッテンは仕立てもする生地店で生まれ育っただけに、生地の織り方や素材への探求ぶりは他ブランドの多くのデザイナーからも常に一目置かれています。 その丁寧な生地選びが、驚くほどの着やすさを生み出し、職人気質の高い仕立て技術は常にリラックスできる着心地の裏地になっています。その中でも特にニットの評判は高いものがあります。

色使い

民族調スタイル以外には花模様の刺繍や花柄のプリントのように、花をモチーフとしたデザインも得意としており、柄物に柄物を合わせるというような大胆な組み合わせも特徴です。 わざと色あせしたようなプリント柄や素材選び、華やかなのに派手すぎない色使いなどに、アンティークな雰囲気も感じられますが、古くさいわけではなく、シンプルなフォルムの効果もあり若々しくもあります。 全体的な色使いは多彩ですが、ベースにはブラックやブラウンのような落ち着いた色味を使用することが多いです。

ドリスヴァンノッテンの持ち味

洗練された重ね着の提案もこのブランドの持ち味の一つになっています。中間色を使用した重ね着が得意で、くどさもなくボリューム感が適度です。 ジャケットやブラウスのようなベーシックアイテム以外に、ストールや手袋のような小物を組み合わせるのもエレガントなブランドらしさが味わえます。全体的にフォルムは細身でシンプルなものが多いです。 その中でもふんわりと丸みのあるスカートや、アシンメトリーの裾が印象的なスカートなど、細かい仕掛けのあるデザインも楽しめます。細身のシルエットながら身体は締め付けないものが主流です。
ドリスヴァンノッテン 高価買取いたします »