素材や色使いに圧倒的なファッションセンスを輝かせるブランド、ドリスヴァンノッテン(Dries Van Noten)は、クリエイティブな要素が満載ながら、洋服に“着られる”のではなく、自分自身で“着る”現実的な要素を持ち合わせている、唯一無二のファッションです。

15年秋冬コレクション

15年秋冬コレクションのメンズラインでは、異素材や異文化が絶妙に混ざり合た密度の高いファッションを披露しました。民族衣装のモチーフや日本製のインディゴ生地、選び抜かれたヴィンテージ素材などを採用します。 あらゆる要素を融合させながらも落ち着いた色味で統一感を出しており、スタンダードの本質を感じさせられます。レディースはと言うと、洋服で自分を飾り立てるようなイメージのファッションを披露します。 素材やテイストの統一感を無視した独創的なスタイルは、誰も真似できない斬新な雰囲気を漂わせます。 そんな中ファブリックに注目すると、スパンコールやゴールドが目に付きました。統一感がなくとも一貫性を失わないのは、さすが世界のドリスヴァンノッテンです。

16年春夏コレクション

続いて16年春夏コレクションは、マリリン・モンローが大胆にプリントされたスーツや、レオパードやタータンチェックなどの柄物を絶妙に組み合わせたものなどが並びます。 1つのものに限定せず、さまざまな表情や感性を受け取れるファッションが完成します。 超現実主義者といわれるシュルレアリストと出会った際に、今回のコレクションのインスピレーションを受けます。 レディースラインに関しては、ディテールに艶やかさやラグジュアリー感を出しつつも、どこかダークな雰囲気がする作品に仕上がっています。 ファッション性の高さの中にも、リアルを忘れず、カラフルな色合いでもデニムやパンツなど普段着の感覚が残る、遊び心あふれたコーディネートです。

16年秋冬コレクション

そして、16年秋冬のコレクションのメンズラインは、誇り高き勲章やアイコニックなユニフォームを再びよみがえらせたようなファッションが披露されました。 カーキやブラックのベースカラーによく映えるコントラストの効いた刺繍は静と動が共存した表情豊かなアイテムが目立ちます。 レディースは、女性らしい要素で構成されながらも、シルエットはダンディズムあふれるスタイルを発表しました。レオパードやスネイクなどのアニマル柄は変化をつけながら用いて、そこにビジューやスパンコールで華やかさをプラスさせジェンダーを感じさせない、新たなファッションが生まれました。 時代の流れを敏感に察知し、素材と柄の使い方では他を圧倒するセンスを持つドリスヴァンノッテンのコレクションは、彼にしか表現できない世界観で次回発表するコレクションへの期待を大きく膨らませてくれます。
ドリスヴァンノッテン 高価買取いたします »