ガレスピューとは

ガレスピュー(Gareth Pugh)は、2006年イギリスで創業されたブランドです。 デビューは2006年ですが、デザイン自体はデビュー以前より始めており、知人のクラブなどで自身の作品を発表していました。その当時から、高いデザイン性や独創的な世界観で注目されていたブランドです。 ガレスピューは、そのデザインや色使い、そしてコレクションでのステージも含めて、ニュージェネレーションのブランドと称される独創的なものとなっています。活動の幅も広く、様々な企業とのコラボレーションもしています。

メリッサ(melissa)

ブラジル発のブランド、メリッサ(melissa)とのコラボレーションでは、靴を発表しています。 メリッサのオリジナルである再生可能なプラスチック素材を使用し、プリントでガレスピューらしさを表現しました。メリッサのプラスチック素材の硬質的な風合いと、ガレスピューの幾何学模様のデザインが絶妙に融合しています。 個性的なハイソールのプラットフォームサンダルと共に、取り入れやすいフラットシューズやトングサンダルも制作しました。ガレスピューらしい黒や白を基調としたものと共に、鮮やかな赤や青を使用したものもあります。

クロムハーツ(CHROME HEARTS)

日本ではシルバーを使った製品で名を知られる、クロムハーツ(CHROME HEARTS)ともコラボレーションしています。 ガレスピューはクロムハーツのデザイナーと親交を深め、お互いのデザインがより高めあえるように、ファクトリーにも何度も足を運び、コラボレーション作品の発表となりました。その作品は、小物類から靴、洋服と幅広く、イギリスをイメージしたデザインです。 クロムハーツ独特のデザインが施されたヒールのショートブーツ、エナメル素材のビスチェやクロムハーツのスタッズの付いたロンググローブ、タイトなラインのロングドレスに、ファーが流れおちる様なデザインのヘッドセットなど、ガレスピューの才能がいかんなく発揮されたものとなりました。

MAC

珍しいコラボレーションとしては、化粧品のMACとのコラボレーションが挙げられます。化粧品のパッケージデザインと共に、そのカラーもガレスピューワールドになりました。 パッケージは、幾何学模様とアルファベットのXをモチーフとした、黒が基調のデザインです。ガレスピューデザインのシックな黒のコンパクトを開けると、ガレスピューらしい幾何学模様の型押しがされたパウダーが登場します。 そのカラーは、シック且つスモーキ―な色合いで、細かなラメが深みをだしてくれます。化粧品ということもあり、実用性を兼ね備えた中でのガレスピューらしいカラーです。リップやマニキュア、アイシャドウにチーク、パウダーとバリエーションも豊富に発表されました。
ガレスピューの買取についてはこちら»