注目のデザイナー ガレスピュー

ガレスピュー(Gareth Pugh)は2006年の秋冬ロンドンコレクションのファッションウィークでデビューしたブランドです。 1981年にイギリスのサンダーランドに生まれたガレスピューは、サンダーランド大学から、有名デザイナーを数々生み出した名門ロンドン芸術大学(Univerisity of the Arts London)へ入学します。 ロンドン芸術大学を2003年に卒業する際に制作した、卒業コレクションは、モデルの関節や手足を強調した風船のようなデザインのものを発表して、話題となりました。

リックオウエンスでの経験

そして、大学を卒業した後は、フランスのファッションブランドで、日本でも人気を誇っている、リック・オウエンス(Rick Owens)などのブランドでアシスタントとしての経験を積みます。 ガレスピューとしてデビューを果たす以前にも、自身のコレクションを知り合いの経営するクラブで発表するなど、一部のファッションフリークからは注目を集めていました。

話題となった企画展示会

そして、ファッション雑誌デーズド・アンド・コンフューズド(Dazed & Confused)が主催する企画展示会を行います。 一緒に展示したメンバーが、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)やドルチェ&ガッバーナ(Dolce and Gabbana)といったファッション界をけん引するメンバーで、話題を集めました。

斬新なデザイン

2006年のロンドンファッションウィークにて、イギリスファッション協会からの経費援助を受けることによって、ニュージェネレーションデザイナーとして、公式なコレクションに初めて招待されることになります。 クラッシックなディテールを取り入れたひだ襟を代表する大胆なデザインのものが話題となりました。 コレクションの中に使われる衣装の、シルエットやフォルム、メイクなど、どの面をとっても大胆で斬新なデザインが特徴として挙げられます。 明るい色と暗い色のコントラストさせた使い方がガレスビューの真骨頂で、新しさが多くの人々の関心を集めました。ファッション関係者の多くが、ガレスピューのコレクションを評価するだけでなく、ドレスが銀行の宣伝広告に使用されるなど、多方面からも話題となっています。
ガレスピューの買取についてはこちら»