グイディの始まり

グイディ(GUIDI)はイタリアにて創業された革製品のブランドです。ルジェロ・グイディ(Ruggero・Guidi)による、大量生産でなく伝統技術を織り交ぜたオリジナルな作品を作るプロジェクトです。 1896年、イタリアのトスカーナにあるペシャ市においてギド・グイディ(GUIDO・GUIDI)、ジョバンニ・ロッセリーニ(GIOVANNI・ROSELLINI)、ギノ・ウィリー(GINO・ULIVO)の3名によりグイディの前身である、コンチェリアグイディロゼリーニ(CONCERIA GUIDIE ROSELLINI)社が設立されました。 コンチェリアグイディロゼリーニ社はその後100年以上に渡り、イタリアでも名の通ったタンニングのスペシャリストとして確固たる地位を築くことに成功しました。 そしてコンチェリアグイディロゼリーニ社は、世界的に著名なデザイナーに広くその名が熟知され、またその技術においても、デザイナー達の難易度の高い要求に答えることができる稀有なタンナーとして、絶対的な信頼を得ました。 その一方で、同社はバケッタ製法レザーを使用した、ハンターブーツのハウスブランド、グイディ&ロゼリーニを展開してきました。しかしながらグイディ&ロゼリーニは2004年に終了します。 デザイナーでもあるルジェロ・グイディはタンナーとしても著名で、彼自身の類まれなる経験と伝統を駆使し、なおかつテクノロジーも取り入れた抜群のバランス感覚で新たなるタンニングを次々と生み出していきます。 彼は2005年のA/Wシーズンから、プロジェクトの一環としてグイディのコレクションをスタートさせました。ルジェロ・グイディの革への熱い情熱と、コンチェリアグイディロゼリーニ社の伝統をシューズに具現化したものがこのプロジェクトです。 ルジェロ・グイディ自身のリサーチにより、大量生産ではなくトレンドや流行を超越し、伝統色の濃いオリジナルのアイテムを欲する人のためのシューズを生み出し続けています。

グイディの魅力

グイディのシューズの最大の特徴は、職人でなければ作り得ることのできない抜群の履き心地です。グイディのシューズは履きやすく、ストレスを感じさせないことで有名で、その軽やかな履き心地は所有者のみが体感できる特権とまで言われるほどです。 グイディの代表作であるホースバックジップブーツは1枚のレザーで作られており、ロゴが入った金具はアンティーク調のデザインで、細部に渡りこだわりが感じられるブーツとして人気です。 グイディのシューズは長年履き続けて行くと、その所有者の歩き方や履き方のクセによりシワのでき方が違ってくるため、その味わい深さが魅力として有名です。 経年変化と呼ばれるグイディのシューズならではの特徴は、職人の丹念な作業によって完成していくことがよくわかります。2014年、グイディ&ロゼリーニが復活し、当時と変わらぬ製法でアイテムを発信しています。
グイディの買取についてはこちら»