イタリアの伝統的なレザーブランドであるグイディ(GUIDI)は、ブランド独自の皮鞣し技術が高い評価を受けています。様々な伝統ある高級ブランドがグイディのレザーを使用しており、質のいいグイディの素材はあらゆるアイテムに変化を遂げています。

アタッチメント(ATTACHMENT)

デザイナー熊谷和幸が1999年にスタートさせたアタッチメント(ATTACHMENT)とのコラボは、グイディのレザーが持つ光沢を最大限に活かしたブーツが話題を呼びました。 アタッチメントの特徴として挙げられる繊細な仕立てで、グイディのレザーを丁寧にブーツとして仕上げており、滑らかで切れ目のないフォルムがコラボアイテムの魅力です。 このコラボアイテムはグイディフィオーレ(GUIDI FIORE)と名付けられ、「FIORE(花)」の名にふさわしい、とてもきれいな仕上がりとなっています。 黒一色で統一されたブーツたちは全部で6種類あり、あらゆるスタイルにマッチするシンプルさと深い味わいが特徴です。

ガンゾ(GANZO)

グイディは、メイドインジャパンのレザーブランドとして知られるガンゾ(GANZO)ともコラボを果たし、イタリアと日本のレザー技術が融合するきっかけとなりました。 革製品の製造卸売業者であるアジオカ(AJIOKA)が2003年に立ち上げたガンゾは、アジオカの完全オリジナルブランドとしてファッション業界からも注目を浴びる存在です。 グイディとのコラボで誕生したバッグは、両ブランドが自信を持って世に送り出すことのできる最高級のレザーバッグとなりました。本物志向の大人の男性向けアイテムで、深みのあるレザーならではの色合いと光沢が特徴となっています。

ミッドウエスト(MIDWEST)

ハイセンスなアイテムを取り揃えるミッドウエスト(MIDWEST)ともコラボ企画を発表しており、オリジナリティ溢れるアイテムを好みとする男性の間で話題になりました。

エーケーエム(AKM)

グイディと同じくレザーアイテムを展開しているエーケーエム(AKM)も、グイディとのコラボを発表しています。カジュアルシーンにも使えるレザーアイテムを多く提案しているエーケーエムは、20代や30代といった年齢層もターゲットにするブランドです。 グイディとのコラボで発売された限定アイテムは、ファッション業界内でも大注目のコラボとして各種メディアで取り上げられました。 コラボで誕生したクラッチバッグは、レザーの深みが光るシンプルなデザインが特徴です。さりげなく入れられたAKMのロゴが、上質な雰囲気をより高めています。
グイディの買取についてはこちら»