グラフィックデザイナーからのスタート

東京都出身のファッションデザイナーで、メンズファッションブランドのユリウスの(JULIUS)創立者です。堀川達郎は、元々ファッションデザイナーとしてスタートしたわけではなく、グラフィックデザイナーとして活躍していました。 1996年に、グラフィックデザインの活動を中心とした、サードストーンを立ち上げています。 翌年には、自身初となるファッションブランドのnukeを立ち上げ、活動の場を広げていきました。 音楽CDのジャケットを製作したり、Tシャツのデザインを手がけるなどの経験の持ち主でもあります。こうしたグラフィックに関する活動と、音楽イベントの主催者などとして、東京で音楽に深い関わりを持ったキャリアを積み、2001年にファッションブランドユリウスを創立しました。

ユリウスの原点

そんな音楽に深い関心と関わりを持っていた堀川達郎は、世界中の音楽家を連れ出し、様々なコラボレーションを生み出している人物です。 10代の頃に出会った、全身を革素材でまとめた、とあるアーティストの姿が、堀川達郎自身の原点になっています。 その音楽と黒というカラーをベースにした、堀川達郎がデザインするクリエイティブなアイテムは、世界中から人気を集めており、日本を代表とするデザイナーと言えます。 堀川達郎は、独特の文化を持つ日本では、様々なジャンルのアートが存在しており、創作活動を行う場として最適な場所と考えています。

注目を集めるデザイン

パリで勢力的にコレクション発表を行った結果、ユリウスは日本のみならず、ヨーロッパでも注目を集めるブランドへと成長させました。 堀川達郎が作り出すデザインは、音楽との融合はもちろん、グラフィックやアートなどとも融合しています。 現在でも世界から注目される活動を行っている堀川達郎は、自身のコレクションを発表する際、彼自身でモデルのキャスティングなどを行うこともあり、ファッションへの情熱が途絶えることはありません。様々な表現方法を駆使したデザインが特徴の、ファッションデザイナーです。
ユリウスの買取についてはこちら»