人気セレクトショップ キス(KITH)の歴史と概要

キス(KITH)は、2011年に設立されたニューヨーク発のセレクトショップであり、またそのオリジナルブランドです。アメリカのスニーカー業界において絶大な影響力を持つコレクター/デザイナーのロニー・フィグが手掛け、時代に合わせた人気のシューズが常にセレクトされている他、アパレルラインも世界的に注目を集めています。

創業者 ロニー・フィグ(Ronnie Fieg)

ニューヨークのクイーンズ出身である創業者ロニー・フィグは、13歳の時に、ニューヨークのシューズショップ「David Z」の品出し要員の仕事をしていました。徐々にフットウェアに魅了され、熱心に働いたことから、セールススタッフからアシスタントマネージャーに昇格。間もなくヘッドバイヤーの地位まで上り詰めました。

ショップの管理や、コラボレーションモデルのデザインを初めて経験し、その中の一足がニューヨークの新聞ウォールストリートジャーナルのカバーに掲載、即完売するなど当時からデザインのセンスを発揮していました。

所有靴2500足にも及ぶ屈指のシューズコレクターとなった彼は2010年、自信のショップをオープンする為にDavid Zを離れ、2011年にサム・ベン・アブラハムの協力を経てKITH NYCをオープンしました。

ブランドの歩み

2011年にKITH NYCが設立。KITHという名前の由来は、KITH and KINという言葉からきており、スコットランドの古い言葉でFriends & Family(友達と家族)を意味しています。

2012年にはオリジナルアパレルブランドKITHの販売を開始。ロニーがお客様からスニーカーよりも自身が着用していた服を何かと尋ねられることが多かったことから需要があると気が付き始めたそうです。

その後、ブルックリン、マンハッタンのレディース専門店、そしてマイアミにも店舗をオープン。SOHOにある本店では、ナイキとのポップアップショップを開催している。

その後様々なコラボを発表し、NY Fashion Weekでコレクションを発表するなどその勢いは止まりません。

ブランドの特徴

顧客には支払った物以上の価値を与えたいという理念を持つブランド。キスには2つの側面があり、1つはメンズ、ウィメンズ、チルドレンなどのアイテムを提案するライフスタイルブランドとしての顔、もう一つは最先端を行くショップとしての顔です。

オリジナルのほか、アディダス、アシックス、NIKE、オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブローなどブランドや人気キャラクターとのコラボレーションアイテムを多数展開し、ユニークで魅力的な新しいデザインのシューズを発表し続けるオンリーワンのブランドです。

キス(KITH)の買取についてはこちら»