レザージャケットは重厚感のあるスタイルながら程よくカジュアルダウンできるアイテムで、男性だけでなく女性にも人気のファッションです。マイルドなテイストのレザーからハードコアなものまで、価格もピンからキリまであるレザーアイテムですが、最高峰と言われているのが「ルイスレザー」です。特に世の男性にとって1枚は持っていたい憧れのレザーと言われています。 ルイスレザーは100年以上の歴史を持つ、イギリス発の老舗レザーブランドです。1892年に創業して以来、飛行やモータリング用のレザーウエアから始まり、1970年代のパンクロックカルチャーのマストアイテムとして世界中に広まりました。 そして迎えた1980年代は、ルイスレザーにとってまさに変化の時代でした。1970年後半に爆発的な一大ムーブメントを起こしたパンクロックでしたが、80年代に入るとブームが過ぎ去り、ルイスレザーの売り上げも激減していきました。 ルイスレザーの人気に肖ってか、イギリス内には安価で販売する輸入品のモーターサイクルアイテムが急増しました。さらには経営体制も大きく変わりました。会社の株を売り、ワード・ホワイト・オブ・カンパニーによって買収されます。その後、1982年にイージーライダーM/Cクロージングの子会社になりますが、1986年にはまた会社の所有者が変わりました。経営面でも経営権が定着せず、状況を打破しようと廉価なアイテムを売り出します。1980年から90年代前半はルイスレザーの低迷期でした。 以前のようなルイスレザーを取り戻すべく立ち上がったのが、デリック・ハリス氏です。現在のルイスレザーの代表でもある彼は、元代表のリチャード・ライオン氏に声をかけます。ルイスレザーの復活を試みる二人が注目したのは、1960年代から1970年代に発売されたジャケットでした。当時の成功例からヒントを模索し、復刻版としてリニューアルしたパターンのジャケットを作り出します。 まだ完全復活とはいえない1993年、101年もの間同じ場所でお店を開いていたイギリスのショップが閉店を迎えました。 しかし、その一方で取扱業者がいくつか現れるようになります。その中には日本の存在もありました。1990年代に入ってから日本はルイスレザーに注目しており、1996年の新作が発表された際にも日本国内でのルイスレザーへの興味はますます高まっていったのです。 2001年、デザイナーのジャンヤ・ワタナベとコラボレーションの契約が成立し、日本向けのルイスレザーがリリースされました。これが大成功をおさめ、2005年には、東京都渋谷区に「ルイスレザーズ・ジャパン」が設立されました。そして現在では、ロックバンドのメンバーやアーティストが愛用するレザーブランドとして、日本でも認知されています。
ルイスレザーの買取についてはこちら»