マルニとは

マルニは、1994年に創業したイタリア出身のブランドで、創業者は、スイス人の女性デザイナーであるコンスエロ・カスティリオーニです。 自分の着たい服を作りたいという願望のもとにスタートしたマルニのファッションアイテムは、彼女の芸術的センスを活かしたデザインが特徴です。 上質な天然素材を中心に、プリント柄や柔らかな色使いを持ち味とし、フェミニンなのに落ち着いたアイテムで人気を博しています。現在、世界中にファンを持つブランドのひとつです。 マルニは、1999年にオンワード樫山の子会社との合併によりマルニジャパンを設立し、日本に進出を果たしました。 2000年には、ロンドン、ミラノ、パリ、ニューヨークに続き、1番大きなフラッグシップショップを東京・南青山にオープンさせます。 建築家ユニット「フューチャー・システムズ」によってデザインされた曲線で構成されている独創的なショップは、日本だけでなく世界中でも注目を集めました。

世界初のマルニのカフェ

日本と深いかかわりのあるマルニは、自身の世界初のカフェを日本・大阪に出店することを発表します。阪急うめだ本店にオープンした「MARNI FLOWER CAFÉ」です。 2016年3月にスタートを切った店内には、色鮮やかな花が随所に飾られ、マルニらしさ溢れるカラフルな色使いが目を引く空間が広がります。 「MARNI FLOWER CAFÉ」で味わうことができるのは、イタリア出身のマルニらしく、イタリアの伝統ペストリーのケーキやフォカッチャ、フレッシュジュースなどのメニューです。 コンスエロ・カスティリオーニやスタッフがミラノでお気に入りだというカフェやメニューの味などが再現されています。

シーズンごとに変わる魅力的な商品

店内でマルニの雰囲気に浸りつつ味わうのはもちろんのこと、持ち帰りできるアイテムの購入も可能です。また、シーズンごとのテーマに沿った様々な商品がカフェ内に並ぶのも「MARNI FLOWER CAFÉ」の目玉です。 第一弾のテーマは「春のピクニック」で、ランチボックスや水筒、食器といった幅広いアイテムが展開されています。また、カフェのテーマにもなっている花柄をモチーフとしたバッグもこのショップのメインアイテムです。 マルニの世界観を目で、そして舌で味わうことができるのは、現在この場所だけとなっています。ファッションアイテムだけでなく、幅広い分野での活躍を見せてくれるマルニが、今後もどのような方法で私たちを驚かせてくれるのか、その活躍にさらなる期待が高まります。
マルニの買取についてはこちら»