「NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)」が始まったのは1994年で、デザイナーの滝沢伸介が東京の原宿でオリジナルのファッションブランドを立ち上げました。 浮き沈みの大きなアパレル業界で、20年以上の歴史があるネイバーフッドは、1990年代後半に原宿を中心とした「アメカジ」や「ストリート」系と言ったファッションが流行り、街にはそのようなファッションをした若者が多くいました。その中でスタートしたネイバーフッドは瞬く間に若者に支持され、「裏原」系ブランドの代表として人気を博します。 2000年代後半、流行の変化に伴い裏原系ファッションは衰退していきます。裏原系ファッションを支えた多くのブランドは閉鎖していく中、ネイバーフッドはブランドの特徴やコンセプトである、ミリタリーやアウトドアなどを取り入れた洋服作りとライフスタイルを変えることなく続行します。独自のスタイルを保ち続けるブランドの力に、ファンが離れていくことはなく、更なるファンを獲得しました。 大人のアイテムからキッズまで揃うネイバーフッドの商品は、2000年以降様々なブランドと共同で商品開発を行います。それはブランド間のコラボレーションに留まらず、映画の作品の中でも使用されました。 2008年にはネイバーフッドは海外へ進出し、香港に海外初にして唯一のショップ「HOODS Hong Kong」をオープンさせます。翌年にはネイバーフッドの新しいラインである「LUKER BY NEIGHBORHOOD」を展開、このラインはオリジナルのネイバーフッドとは異なる方向性の商品をラインナップしています。 ネイバーフッドは1994年のブランド立ち上げと共に原宿に一号店をオープンさせましたが、次の国内直営店は15年以上経過した2011年、構想に3年を費やした結果、渋谷にオープンとなりました。現在ネイバーフッドは直営店の他国内に9店舗、その他海外には3店舗あり、国内外のセレクトショップでもネイバーフッドの商品取り扱いをしています。歴史のあるネイバーフッドは、これからも海外での展開や新たなコラボレーション企画を含めた計画を進行する予定です。
ネイバーフッドの買取についてはこちら»