大人の日常着 ノンネイティブ

「nonnative(ノンネイティブ)」は日本のファッションブランドです。始まりは1999年、元モデルで映画監督の肩書も持つサーフェン智が立ち上げました。 ブランド名が持つ意味は「属さない、固有されない」、そして「悠然と生きる」をコンセプトに掲げています。服にとらわれることのない生き方がテーマとなっているノンネイティブはデザインにブランドロゴを入れて強調するよりも、着心地の良さや風合いを第一に考えたデザインをしています。 シンプルな中にもディテールにこだわりのあるノンネイティブの服は大人のブランドとして人気。アウトドアアイテムやミリタリーアイテムも得意としており、機能的でファッショナブル、そして日常的に取り入れられる商品を展開してきました。

デザイナー 藤井隆行

2001年には現在ノンネイティブですべてのデザインを手掛ける藤井隆行が入社。 彼は武蔵野美術大学出身で、ビームスで働くことをきっかけに大学を中退、ビームスで2年間働いた後は代官山にあるイギリス発のファッションブランド、サイラスの国内代理店ワングラムで働き始めます。 その時に同じビルに事務所があったサーフェン智と出会い、ノンネイティブに参加することとなりました。

直営店 ベンダー(vender)

ノンネイティブのスタート後しばらくはセレクトショップのみでの販売でしたが、2005年、代官山に初めての直営店「ベンダー(vender)」をオープンさせます。 この店舗はノンネイティブの商品を販売するとともにセレクトショップも兼ねており、ノンネイティブ以外のブランドや、オーナーがセレクトした雑貨、本などを販売。CDも販売しているため、洋服だけではなく、音楽好きのファンも訪れます。 ジャンルにとらわれない様々な価値観を提案。代官山で5年間営業したベンダーは、2010年に中目黒の目黒川沿いに移転しました。現在は中目黒の他に札幌と名古屋にも店舗を構えています。 ブランドが15周年を迎えた際には、30回目の節目のコレクションを発表。その中で原点回帰(BACK TO EVERYDAY PEOPLE)として、デザイナーが90年代から2000年代に影響を受けた、ロンドンを意識したラインナップを展開しました。
ノンネイティブの買取についてはこちら»