ナンバーナイン(NUMBER (N)INE)は日本のファッションブランドです。ニューヨークに直営店があるナンバーナインは、日本国内のセレクトショップで商品を取り扱っています。時期によって異なるコレクションテーマを発表しているナンバーナインは、時代とともにあらゆるファッションを提案する存在です。 ナンバーナインの東京でのコレクションデビューとなったREDISUN期は、白黒のコントラストがコレクションテーマになっています。代表的な商品であるパーカーやスタジャンは色味を抑えたクールな印象が特徴です。他にもスパイダー柄を全面にプリントしたブルゾンなど、カラーコントラストでインパクト抜群に仕上げた商品もあります。 STANDARD期は、柄やロゴの主張を控えめにした商品が中心のコレクションです。エンブレムのモチーフ、グランジ加工のデニムなど、伝説的な人気を誇る商品を多く作り出しました。ベーシック=スタンダードという考えではなく、ナンバーナインから新たなスタンダードを発信することを目的にしたコレクションです。 NOWHERE MAN、別名ジョージ期は、ビートルズのジョージ・ハリスン(George Harrison)へのオマージュとしてコレクションを発表しています。カントリー調のスタイルが中心となるジョージ期の商品は、それまでのモノトーン中心のイメージを変えるきっかけとなりました。ファーブルゾンやネルシャツ、ロンゲージニットなど、ナンバーナインの新たなイメージ作りに貢献した代表的な商品があります。 カート期は、ナンバーナインが一時休止した後の復活となったコレクションです。コレクションテーマは、90年代初期のアメリカで人気のあったロックグループのリーダー、カート・コバーン(Kurt Donald Cobain)をテーマにしています。ベルベット素材を使用している商品や穴あきデニム、大ぶりのサングラスなど、ロックにインスパイアされたものばかりです。 NOIR期は、黒を中心としたフォーマルなスタイルがコレクションテーマになっています。テーラードのセットアップやコートなど、ファッションを黒一色で統一したスタイリッシュなスタイルが特徴です。 2009年春以降のTHE LONESOME HEROES、A CLOSED FEELINGがコレクションテーマになっているナンバーナインの商品は、歌手の木村拓哉が愛用者として注目を集めました。カジュアルな印象のチェックシャツやメッセージプリントTシャツなどをファッションに取り入れ、雑誌やメディアに取り上げられています。 愛用者へスポットを当てることによって、ファッションに関心のある人々がナンバーナインの商品に触れる機会を増やしました。
ナンバーナインの買取についてはこちら»