2001年に濱中三朗が設立したファッションブランドが、ロアー(roar)です。ブランド名のロアーには「唸る、吠える」という意味があり、その名を表すようにロックテイストのアイテムを展開しています。ロアーがブランドコンセプトに掲げているのは、「ラブ&ピース(LOVE&PEACE)」です。それを表現するために、アメリカンカジュアルやミリタリー、ワークなどさまざまなアイディアを組み合わせ、素材の開発や加工をしながら、ロアーの服として新しいアイテムに再構築しています。ピストルがクロスしたモチーフは、2004年の春夏コレクションで初めて採用したことをきっかけにロアーのブランドアイコンとなりました。濱中がそのフォルム自体にアートを感じられると語るピストル、そのクロスには「悪はNG」という意味が込められています。 濱中は、1969年生まれの山口県萩市出身です。バンタンデザイン研究所を卒業した後、いくつかのアパレル企業においてデザイナー業を経て、独立を果たしました。ファッションブランドであるマスターマインド・ジャパン(mastermind JAPAN)の設立者、本間正章の「ロアーは世界に行くべきだ」という言葉をきっかけに、パリコレクションでの発表を決意してパリに進出します。パリコレクションデビューとなった2005年秋冬コレクションでは、ロアーガンズ(roarguns)というブランド名で、マスター・マインドの展示会に参加する形式をとりました。それ以来毎シーズン続けてきたコレクションの発表は、他ブランドとの共同展示会や合同での開催を重ね、現在は単独の展示会として行っています。日本とパリで展示会を行いながら、2007年にはフィレンツェでもコレクションを出展しました。 ブランド誕生以来変わらずに濱中が探求心を向け、追求し続けてきたのが着る人のことです。濱中の根底にある、着る人がいるから服をつくるという思いが力となり、独自で糸を製作し生地を生み出し、さらに素材やパーツなどひとつひとつのデイテールにこだわって服作りを行ってきました。濱中が自ら袖を通して着にくいと感じれば、デザインや利益性がよくても世に発表することはしません。作る側の自己満足で終わるのではなく、とことん着やすさを追求し、変化する時代の中で生きている「着る人」を思って服作りを続け、歴史を刻んでいるのです。
ロアーの買取についてはこちら»