アメリカの人気コミックとコラボレーション

シュプリーム(Supreme)の2021AWコレクションでアメリカの人気コミックであるザ・クロウ(The Crow)とコラボレーションすることが発表されました。国内では9月18日より販売が開始されます。 作中のワンシーンを切り取り、シュプリームのアイテムでザ・クロウの世界観が表現されています。 今回のコラボレーションではショット(Schott)やメディコム・トイ(MEDICOM TOY)を迎えたトリプルコラボレーションが実現。様々なアイテムでザ・クロウの世界観を表現し、シュプリームらしいアイテムは話題を集めました。

コラボレーションアイテム

ショットを代表するアイテムであるダブルライダースのバックプリントにザ・クロウの主人公であるエリック・ドブレンをデザインされたアイテムを筆頭にシュプリームらしい表現でザ・クロウの世界観が表現されたアイテムが発売されました。 その他にも、メディコム・トイとのトリプルコラボレーションアイテムは、ザ・クロウで重要な存在であるカラスを肩に乗せ、腕には銃を持ったエリック・ドブレンが発売されました。 コラボレーションアイテムには、作中で重要なテーマである「PAIN(痛み)FEAR(恐怖)IRONY(アイロニー)DESPAIR(絶望)DEATH(死)」の文字がアイテムにデザインされています。アイテムごとにザ・クロウの世界観をシュプリームらしいデザインで表現しています。 文字だけではなくコミックの絵扉をデザインしたアイテムそれぞれに施され、コミックファンのみならず、シュプリームらしいストリートファッションが表現されています。

ザ・クロウ

ザ・クロウは1989年にキャリバーコミックから出版されたアメリカンコミック。作者であるジェームズ・オバー(James O'Barr)が18歳の時に婚約者が殺されてしまう実体験からザ・クロウが誕生。 ザ・クロウの舞台はあらゆる犯罪が横行したデトロイト。ハロウィンの前日、エリック・ドブレンと婚約者であるシェリーは郊外にピクニックへと出掛けた。帰り道、車が故障にあいハイウェイで立ち往生していると、麻薬を服用したギャングと出会う。ギャングのリーダーにエリック・ドブレンは銃殺され、シェリーはギャングたちにレイプや暴行を加えられ死んでしまう。エリック・ドブレンは死の国の使者であるカラスから神秘的な力を授かり、シェリーを殺したギャングに復習する物語。
シュプリームの買取についてはこちら»