北海道発アウトドアブランド サウスツーウエスト

サウスツーウエストエイト(SOUTH2 WEST8)とは、日本のセレクトショップであるネペンテス(NEPENTHES)から展開されているアウトドアブランドです。 2003年に設立したブランドは、日本の最北端に位置する北海道を拠点にスタート。北海道の札幌にフラッグシップストアを構え、ショップの住所である「南2条西8丁目」がブランド名の由来です。 2015年の春夏シーズンから自分たちの作りたいモノを見つめ直し、現在のブランドコンセプトである「フィッシュ アンド バイク(FISH AND BIKE)」が誕生しました。ブランドコンセプトには、日本の伝統文化とアメリカの新しいカルチャーを掛け合わせています。日本古来の伝統釣法である「テンカラ」とアメリカ生まれの「ファットバイク」がブランドコンセプトの核を担っています。 . 笠とライン、毛鉤の3つで釣りを行うテンカラに、泥道や雪道でも走行が可能なファットバイクで、徒歩に頼らずに釣り堀を探し、行動範囲を広げることで、自然と触れあって欲しいという願いがブランドコンセプトには込められています。 そのため、サウスツーウエストエイトで展開されるアイテムにはテンカラから着想を得たアイテムが並んでいます。また、都会に適したアウトドアアイテムも展開されており、「アーバン アウトドア アウトフィット(URBAN OUTDOOR OUTFIT)」を提案しています。 ネペンテスは、サウスツーウエストエイトの他に、ニードルス(NEEDLES)やエンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GAREMENTS)なども展開しています。

シュプリームとコラボレーション

世界で最も人気が高いストリートブランドであるシュプリーム(Supreme)とSS21のWeek9で初のコラボレーションが発表されました。 発表されたコラボアイテムはどれもサウスツーウエストエイトの特徴が存分に発揮され、シュプリームのロゴとサウスツーウエストエイトのロゴを融合させた特別なロゴがデザインされています。サウスツーウエストエイトはシカを彷彿とさせるロゴが特徴的ですが、旧ロゴである丸のロゴもコラボアイテムには使用されています。

シュプリームと初コラボにしてトリプルコラボ

初のシュプリームとコラボレーションなのにも関わらず、コラボレーションラインには日本の老舗釣道具メーカーである櫻井釣漁具を加えたトリプルコラボも果たしました。 世界一歴史が長い釣笠メーカーとのトリプルコラボは、シュプリームのグッズコレクターからも熱い視線を集めていました。 今後もコラボレーションが期待されるシュプリームとサウスツーウエストエイト。来年のコラボレーションも期待が集まります。
シュプリームの買取についてはこちら»