非公開のデザイナー

アンユーズド(UNUSED)は2004年に日本で創立されたファッションブランドです。デザイナーは非公開です。 デザイナーを公表しないことで逆に注目を集め、ブランドの名を広く知らしめました。ブランドコンセプトは「観念的な枠を取り去って、解体して、存在の新たな追求提案。」 先入観を持つことなく過去のものに新たなる観点で改良を加えて、また喜びを与える機能美、そして着心地を追求し、日常に溶け込んで自身のスタイルを作っていくものとして提案をしています。

アンユーズドの魅力

アンユーズドのコレクションにおける最大の魅力はシンプルでありながら挑戦的なデザイン性の高さにあります。一見するとベーシックでシンプル、着る人を選ぶことのないデザインコンセプトを体現しているようですが、ディテールにはアンユーズドならではの遊び心が見られます。 また、リーバイス501をリメイクするなど、既存のアイテムを分解して再構築することによって新たな価値を生み出すのもアンユーズドの特徴と言えます。古典的アイテムに新しい命を吹き込む手法とセンスが大きな支持を集めています。 アンユーズドの製品にはwhite labelとblack labelの2種類があり、製品がすでに洗い済みのものがwhite label、製品が洗われていないものがblack labelと分けられています。 また、アンユーズドは、生涯保証付きという稀有なブランドとしても知られています。 通常での使用過程で製品が破損した時にはオプションとしてリペアをする権利が購入者には与えられます。 世の中に残す服を追求するアンユーズドは、シーズンごとに全く異なったテーマを扱い、コレクションごとに違ったスタイルが楽しめることでも注目を集めています。 個性が光るアイテムの数々はベーシックでありながらどこか独特の空気を放つスタイルこそがアンユーズドの世界観です。

コレクションの特徴

2016年の春夏コレクションからはメンズ、ウイメンズともにデザインを統一しました。各アイテムともにサイズ展開が00から04と幅広いため、ユニセックスで着用できるのも大きな特徴です。 また、人種、性別の概念を超越して誰が着てもかっこいいアイテムを目指す、というオリジナルのこだわりを掲げています。そのため、公式サイトの写真においてもプロアマ問わない幅広い層のモデルを採用しています。 アンユーズドのデザイナーは「古着は大好きだが、ブランドをやる上で古着を作るつもりはない。」と語っています。アイテムの中に古着のテイストも残しながら常に時代を先取りした高いデザイン性が多くの支持を得ています。
アンユーズドの買取についてはこちら»