最高級レザージャケットを取り扱うVAMSON(バンソン)は、アメリカのボストンで誕生したブランドです。地元ボストンの地で、レーシングトラックを中心に需要を高めてきたバンソンは、1980年代後半から1990年代の若者ファッションで流行した渋谷のカジュアル、通称“渋カジ”の流行もあり、日本でも人気と知名度を確立させました。バンソンのレザージャケットといえば、恐くて近寄りがたいイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかしバンソンのコラボレーションアイテムは、それほどアクが強くなく、コーディネートにも取り入れやすくておすすめです。 バンソンとアメリカでおなじみのアニメ「フィリックス・ザ・キャット」がコラボレーションして、デニムパンツを発売しました。強面なブランドであるバンソンとアニメキャラクターは異色コラボのような気がしますが、同じアメリカで生まれ愛され続けるもの同士、意外とマッチしています。表のサイドポケットにはコラボの証しとして“Vanson×Felixthecat”と刺繍され、お尻のポケット部分にはフィリックス・ザ・キャットが大胆にプリントされています。アメカジ系ファッションの愛好家には堪らないアイテムでありつつ、シンプルでスッキリとした見た目なので、Tシャツやチェックシャツなどとの相性も抜群です。バンソン初心者の方でも気軽に挑戦できます。 ちょいワルオヤジの発信源でもある雑誌「LEON」は、ジャケットをコラボレーションしています。黒のオックスナイロンを使った厚手の生地を、体に沿うようなラインが魅力的なジャケットにしました。ボタンには23Kゴールドプレーテッドを使用し、ファスナーはダブルジップとなっています。衿を立ててインナーにハイネックの白いセーターを着れば、LEONに登場するような不良スタイルが完成です。黒地に金ボタンがよく映える、リッチなちょいワルファッションを目指すなら、ぜひ手に入れたいアイテムです。 バンソンと日本マンガとのコレボアイテムもありました。不良マンガとして大ヒットした「クローズ」と続編の「WORST」とのコラボレーションです。スタジャンやポロシャツ、パーカーやカーゴパンツなどアイテムは実に豊富です。マンガにもたびたび登場するバイカー集団の武装戦線をモチーフにしたアイテムが多く、武装戦線を象徴するスカルを取り入れた大胆なデザインが特徴となっています。バンソン愛好家のみならず、クローズやWORSTの世界観に憧れる人にとっても魅力的なウエアが揃っています。
バンソンの買取についてはこちら»