世界を魅了するヴェトモン

ヴェトモン(VETEMENTS)は2014年にデザイナー、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が設立したブランドです。 ラグジュアリー系のファッションブランドの中で、今世界で最も注目を集めているブランドとして近年急速に頭角を現しました。ヴェトモンの代名詞はストリートを背景とした迫力あるビッグシルエットで、ファッション界でも話題となっています。

デザイナー デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)

デムナ・ヴァザリアはグルジアのジョージア出身です。2006年、アントワープ王立芸術アカデミーファッション科で修士号を獲得し、2007年には東京コレクションでコレクションを発表します。 2009年からはメゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)にてウイメンズコレクションのデザイナーを務めました。 2013年からはルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)においてウイメンズコレクションのシニアデザイナーを務めます。また、2015年よりバレンシアガ(Balenciaga)のアーティスティックディレクターを務めています。 彼はさまざまなアワードでもその才能を認められ、フランスのアンダム・ファッション・アワード2015にてファイナリストに選ばれた他、若手デザイナーの登竜門として注目を集めている第2回LVMHプライズ2015のセミファイナルにもノミネートされました。

ヴェトモンのデザインチーム

ヴェトモンはデムナ・ヴァザリアを含めたデザインチームで服作りを行っています。デザインを手掛けるのは彼を含めて4人、チーム全体としては生産管理、広報、セールスを含めて16人で編成されています。 最も効率的で客観的に服作りを行いたいというデムナ・ヴァザリアの思いからチーム体制がとられています。 チームはメゾン マルタン マルジェラをはじめとして、セリーヌ(CELINE)、バレンシアガ、ジバンシィ(GIVENCHY)などでキャリアを積んだ経験者で構成され、袖が長いスウェットパーカーや特徴的なカットオフデニム、オーバーサイズのトレンチなど、ベーシックなアイテムの中にディテールやシルエットで他のブランドと差をつけたアイテム作りでリアーナ、カニエ・ウエストなど有名セレブのみならず、世界各国のファッション関係者やファッショニスタの間で非常に高い評価を得ています。

ヴェトモンのコレクション

ヴェトモンはコレクションごとにテーマを設ける形はとっていません。今存在している服にインスパイアされたデザインや実際に服が着られた時、そこから生み出されるアティテュードを大切にしています。 シーズンに関係なく服とその背景にある成り立ち、どのような制作過程を経ているか、そしてどのように身につけられるのかを重要視しているヴェトモンのコレクションは、今なお全世界で熱い注目を集め続けています。
ヴェトモンの買取についてはこちら»