世界を代表するシルバーアクセサリーブランドの一つA&G

A&Gとは

A&Gは、1994年にアマール・ゲソウス(Amal Guessous)とギョーム・パジョレック(Guillaume Pajolec)の二人によって設立されたシルバーアクセサリーブランドです。

両者の頭文字を取り、A&Gといブランド名になりました。

アマール・ゲソウスは、モロッコ生まれでギョーム・パジョレックはフランス生まれと、ルーツが違う両者が織り成し表現されたデザインは世界から高い評価を得ています。

アマール・ゲソウスは、学業の為にアメリカへ海を渡りました。アメリカで彼は衝撃を受けます。ネイティブアメリカンとの出会いが大きく関わりました。ネイティブアメリカンが身に着けていたバイカーアイテムに心打たれ、レザーの世界へと足を踏み入れます。そうして、1989年には、レザーとシルバーの会社を設立しました。

A&Gのもう一人のデザイナー ギョーム・パジョレックはクロムハーツ(Chrome Hearts)でプロダクトマネージャーを務めていた経歴がある人物です。その他にも、ガボール(Gabor)で修業していた過去があります。今は亡きガボールの創設者であるガボール・ナギー(Gabor Nagy)がギョーム・パジョレックの技術を認められた唯一の人物として語られています。45歳の若さでこの世を去った天才彫金師から認められるほどの腕を持つ彼はシルバーアクセサリー界でも語り継がれる人物です。世界三大シルバーアクセサリーブランドのクロムハーツ、ガボールで経験を積んだ彼はデザイナーとしてA&Gでも手腕を存分に表現しています。1999年に自身のブランドを立ち上げた為、現在はデザイナーを退任します。

ギョーム・パジョレックは、2018年にスタートした注目のドメスティクジュエリーブランド リーフェ ジュエリー(RIEFE JEWELLERY)のデザイナー 春井里絵を弟子に持ちます。春井里絵は、ギョーム・パジョレックの影響でジュエリーの世界に入ったと語っている事から、彼の技術の高さがうかがえます。

A&Gの代表アイテム

A&Gは、ゴシック調にデザインされたシルバーアイテムや、レザーとシルバーを掛け合わせたアイテムが代表に上げられます。ゴシック調のデザインは多くのアイテムに施され、とフレンチを掛け合わせたアイテムやパンクと掛け合わせたデザインなども発表しています。

多くの著名人に愛されるアイテムは、ミュージシャンから特に高い支持を得ていました。

イギリスのパンクバンドであるセックス・ピストルズ(Sex Pistols)やイギリスのロックバンド ビートルズ(The Beatles)のリンゴ・スター(Ringo Starr)が愛用していたことで人気に火が付き、世界中で愛され、シルバーアクセサリーを代表するブランドへと成長を遂げました。

A&Gのコラボレーションアイテム

先ほど紹介したセックス・ピストルズとはコラボアイテムを発表し話題を呼びました。セックス・ピストルズのロゴとA&Gのゴシック調のデザインが融合しコラボならではのアイテムを販売しました。

日本でも長渕剛の40周年を記念してコラボしたアイテムは、アマール・ゲソウスが自らデザインした事でも話題を呼びました。

A&Gの買取についてはこちら »