貴重な革素材 コードバン

オールデンと聞くとコードバンというくらい有名です。コードバンとは「革のダイヤモンド」や「革の宝石」、「幻の革」とも呼ばれるほど希少価値の高い、上質な馬のお尻部分の皮のことを言います。 一頭から採れる量はとても少ないため、高級靴のメーカーでも、手に入れることができるのはオールデンのみと言われるほど、ほとんど手に入らないものです。 そんな貴重なコードバンの魅力を最大限引き出すことが出来る製造法にこだわっているのが、オールデンです。コードバンを製造する期間は5カ月も費やします。

こだわりの製造法

製造法にこだわっているため手間もかかりますが、それだけ良い靴が出来上がります。その人その人の足に合った靴作りをしているので、足が疲れることもありません。 革質は、他の革製品のコラーゲン繊維が絡み合い、横に入っているのに対し、コードバンはコラーゲン質が縦に並んでいるのです。 そのため質感が密接で、履き心地の良さへとつながっています。独特の光沢や質感もコードバンの魅力、と言えます。使えば使うほど味が出て、自分の足にフィットしてきますし、変化も楽しむことができます。 また透明感ある艶がコードバンならではの色の変化となっており、使う人を魅了し満足感も得られます。スーツにはもちろん合いますが、ジーンズやパンツなどのカジュアルファッションともよく合います。

メンテナンスの方法

そんなオールデンを少しでも長く、そしてその魅力を満喫するには、日々のメンテナンスも大事です。 やり方として、まず全体の埃をブラッシングで落とします。それで落としきれなかった油分等はクリーナーを使って落としていきます。 その後、小さな布またはブラシで油分の失われやすいシワの部分にクリームを塗っていきます。最後は馬毛ブラシやクロスで仕上げ磨きをします。 大体3回履いたら1回メンテナンスする周期が一番良いとされています。約130年もの長い歴史を持ち、今でも人々を魅了し続けるオールデンは、これからもさらにファンから愛されるものとなっていくのが期待されます。
オールデンの買取についてはこちら»