カルティエの腕時計 サントス

歴史に残る名時計

カルティエ(Cartier)の時計の中で最も歴史ある時計といって過言ではないシリーズ「サントス(Santos)」。今も世界中の多くの人に愛されている人気のラインで、100年以上の歴史があります。

このモデルの影響力は大きく、カルティエだけではなく腕時計の歴史に大きく残る時計ともいわれています。100年以上も前にデザインされたものが、現在でも腕時計の王道として愛され続けています。

誕生のきっかけ

カルティエサントスが生みだされたきっかけは、アルベルト・サントス・デュモン(Alberto Santos-Dumont)という飛行家からの話しでした。

アルベルト・サントス・デュモンは、ブラジル人のパイロットで、ライト(Wright)兄弟と並ぶほど有名な飛行家です。そのアルベルト・サントス・デュモンがカルティエに出会ったときに、「飛行中に、手を離さないでも時計をみられるようなものが欲しい」という依頼をして開発・発表されたのがサントスでした。

1904年頃の持ち運ぶ時計は、懐中時計が主流です。それまでの腕時計はブレスレットのような扱いでメジャーではありませんでした。

世界初の腕時計の原型

しかし、パイロット向けの時計として発表されたサントスは、世界初の腕時計の原型として大きな注目を集めます。

普通の懐中時計は丸みをおびたデザインが多くみられましたが、それとは全く違う角型のデザインも斬新。

腕時計のビスが、飛行機のパーツをつなぐネジをモチーフにつくられているところなど、飛行機からインスピレーションをたくさん受けたデザインとなっています。

丈夫で携帯しやすく、無骨ではない洗練されたデザインの腕時計はたちまち人気になりました。

豊富なデザイン

サントスは、発売から100年以上の間にたくさんのデザインが発表されています。2004年には100年を記念してつくられた「サントス100」も発表されました。

また、サントスシリーズとして「サントス・デュモン(Santos-Dumont)」、女性用腕時計として「サントス ドゥモワゼル(Santos Demoiselle)」や「サントス ドゥ カルティエ ガルべ(Santos De Cartier Galbee)」などが発売されています。

ブレスレットの色や素材のバリエーションも豊富なので、性別問わず幅広い年代の人が使いやすい時計です。

歴史のある腕時計でありながら価格帯が幅広いのも魅力。歴史あるモデルですが、新しいデザインを加えつつ常に進化し続けています。これからの変化にも注目です。
 

カルティエの買取についてはこちら»