2000年以降、シャネルのミューズとして活躍した女優も有名な女性ばかりです。

エステラ・ウォーレン(Estella Warren)

エステラ・ウォーレン(Estella Warren)はカナダのモデルで、2000年代に香水「No.5」の顔になったミューズです。 これまで起用されていた、落ち着いた雰囲気のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)とは正反対で、セクシーさを表に出したのがエステラでした。 この起用が、シャネルの中でも大きいものとなったのです。もともとシンクロの選手として活躍していたため、異色のモデルとしても注目されました。それを活かし、コマーシャルではカラフルでスピード感溢れる仕上がりです。

ケイト・モス(Kate Moss)

ケイト・モス(Kate Moss)は、ファッションで新しい時代を作った人として、有名なトップモデルです。当時求められていたモデルとは正反対で、ケイトは背も低く美人とは言えませんでした。 しかしそんなケイトのルックスが次世代を作るきっかけとなったのです。その後2001年に、シャネルの香水「COCO Mademoiselle(ココ・マドモワゼル)」とアパレルでもミューズとして活躍しました。

アナ・ムグラリス(Anna Mouglalis)

アナ・ムグラリス(Anna Mouglalis)は、エキゾチックな雰囲気を持つ女優です。そんな強さの中に美しさがあるアナに、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld )が惚れ込み、2002年に香水「ALLURE」のミューズとして起用されたのです。 それをきっかけに、バッグやジュエリーなどのモデルでも広告に出続け、それは10年のも長きに渡るものでした。 また舞台デビューも果たし、映画「シャネルとストラヴィンスキー」では、ココ・シャネルを演じています。

ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)

ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)はオーストラリアの大女優として有名です。 シャネルのミューズとしては2004年に起用されています。歴代の「No.5」モデルとは違い、妖艶な美しさで世間の魅了したのです。当時2分間という長いコマーシャルはなく、その長さで出演したのも大きな話題となりました。

キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)

キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)はイギリスの女優です。2007年にケイト・モスが降板後、「ココ・マドモワゼル」を引き継いだミューズです。清楚なルックスが、オードリー・ヘプバーンを思わせるほどです。 コマーシャルでシャネルに扮したキーラが、キャットスーツを身に纏い、バイクで颯爽と駆け抜けるシーンはクールな魅力が溢れています。 また、シャネル100周年を記念した映画が作成されることになり、そこでもココ・シャネルを演じているのです。

フレージャ・ベハ・エリクセン(Freja Beha Erichsen)

フレージャ・ベハ・エリクセン(Freja Beha Erichsen)は、デンマーク出身のモデルです。 2005年に突如パリコレでデビューを果たし、「ランウェイの女王」とも呼ばれるようになりました。 2000年前半に、シャネルのミューズとしてバッグ「マドモワゼル・コレクション」のショートフィルムに出演しました。現在でもシャネルのミューズとして活躍しています。

ブレイク・ライヴリー(Blake Lively)

ブレイク・ライヴリー(Blake Lively)は、アメリカの女優です。それまでシャネルのミューズにアメリカ人は選ばれませんでしたが、ブレイクがその快挙を成し遂げ、シャネルのバッグ「マドモワゼル・コレクション」のミューズに起用されたのです。 ブレイク自身もシャネルの大ファンであったことから、光栄だったに違いありません。

オドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)

オドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)はフランスの女優です。 2013年シャネルの「No.5」のミューズとして起用されています。そのコマーシャルは、ニコール・キッドマン同様、長編のものでした。 オドレイはエレガンスな魅力あふれる女性で、現在のシャネルのイメージにピッタリなのです。歴代のミューズ達は、それぞれ魅力あふれる女性ばかりです。
シャネル 高価買取いたします »