ブランドの始まり

クリストフルメール(Christophe Lemaire)は、フランスで誕生した、ファッションデザイナーです。1965年に、フランスの東部にあるブザンソンという都市で誕生します。 クリストフルメールは、元々ファッションに興味を持っていたわけではなく、文学を専攻し、学んでいました。 その後、ファッションに興味を持つようになったクリストフルメールは、フランスの有名な美術学校である、アトリエ・セーブル(Atelier de sevres)で学び、卒業しています。 ファッションについての知識や技術をますます深めるため、様々な有名ブランドのデザインアトリエで経験を積みました。1987年になると、これまでの功績が実り、多くの輝かしい賞を受賞し、ファッション業界で名を上げていきます。 1991年になると、自らの名前を付けたファッションブランドである、クリストフルメール(Christophe Lemaire)を立ち上げました。 高いファッション性と機能性を持ったクリストフルメールのアイテムは、世界中から注目を集めることになります。

ラコステ復活の立役者

数々のコレクションを発表し、成功を収めていましたが、2002年に、スポーツブランドの中でも有名な、ラコステ(LACOSTE)の、アーティスティックディレクターに就くことになりました。 低迷状況だったラコステを、ラコステ本来の良さを残しつつ、クリストフルメールの美しいデザイン性と機能性を駆使し、ラコステは再び輝きを放ちます。 ラコステで活躍していた間、自らのブランドの、クリストフルメールは休止状態でしたが、2006年から、また活動を開始しました。

エルメスでの活躍

2010年になると、今度は、エルメス(HERMES)のアーティスティックディレクターに就くことを公表します。同年に、エルメスのレディース秋冬コレクションを、クリストフルメールが担当し、高い評価を得ました。 それから、2015年までエルメスで活躍し、同年の春夏コレクションを発表後、退任しています。 多くのブランドで、経験を積み、様々な活躍をしてきたクリストフ・ルメールは、現在でも多くの人々を魅了する、素晴らしいファッションアイテムを生み出している、ファッションデザイナーです。
クリストフルメールの買取についてはこちら»