ブランドの始まり

ダイアンフォンファステンバーグは、デザイナーである「ジョナサン・サンダース(JONATHAN SAUNDERS)」が自身の名を冠したブランドを設立したのが始まりです。 デザイナーでダイアンフォンファステンバーグを支えるジョナサン・サンダースは1977年にイギリスのスコットランドで生まれました。 1999年にグラスゴー美術大学プリントテキスタイル科を卒業し、2002年にセントマーチンズプリント・テキスタイル科の修士コースを卒業。 2002年にはプリントの技術が認められ、その年にランコムのカラーアワードを受賞します。 そして2003年に開催された春夏ミラノコレクションにてデビューを果たしました。

技術力と美しさ

伝統的であるシルクスクリーニングの技術を使用し、エンジニアードプリントという技術を利用して色鮮やかな柄を表現するなど、実験を行うかのような個性的なプリントを数多く発表しています。 その美しさと革新的な技術には定評があり、エミリオ・プッチやクロエなどいくつかのブランドのプリントコンサルタントを務めた経験者でもあります。 2006年にはスコットランドファッションアワードの記念すべき第1回ベストデザイナー賞に選ばれました。 2007年にはスワロフスキーとコラボし、陶器のような素材に手作りしたクリスタルを埋め込んだネックレスを製作します。 2008年より数年間は、ポリーニのクリエイティブ・ディレクターに抜擢。サンダースはウエアを手がけ、ニコラス・カークウッドがアクセサリーを手がけました。こうして、ダイアンフォンファステンバーグを牽引するデザイナーとして開花していきました。

ジョナサン最後のコレクション

2015年1月には、インドの資産家で投資家でもあるエイ―シャ・バーティ・パスリカ(Eiesha Bharti Pasricha )の出資協力を得て、ビジネスパートナーシップを立ち上げましたが、同年 12月、サンダースが個人的な事情により、自身が立ち上げたブランドをやめることを発表します。 決して安易な考えでの決断ではなく、別のプロジェクトで、同じスタッフと働けることを楽しみにしている旨のコメントを残しています。 一方エイーシャは、「現在もっとも才能のある英国デザイナーのひとりをサポートした経験を光栄に思い、今回のパートナーシップ解消は苦渋の決断でしたが、今後のジョナサンの活躍を祈っている」といったコメントを残しています。そして2016年春夏シーズンがジョナサンにとって最後のコレクションとなりました。