「モードの神童」

ジバンシィ(Givenchy)を創立したユーベルト・ジバンシィ(Hubert de Givenchy)は、1927年パリの郊外ホーヴェで生まれました。 古くから由緒ある貴族系の出身で、父親は公爵の称号を持つ家柄です。ローベル・ピケ・ジャック・ファット(Robert Piguet Jack Fat)のメゾンを経てから修行を積み、エルザスキャパレリのモデリストと主任を務めました。 そして、1951年ユーベルト・ジバンシィが当時24歳初のコレクションでは、資金面の問題などによって、安価なコットン素材を使用したシンプルなブラウスやドレスを中心に発表します。 その中でも、シャツ地を使用した開襟でラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」は注目を集めました。斬新なアイデアと、鋭い感性が評価されたのをきっかけに、ユーベルト・ジバンシィは「モードの神童」と呼ばれ親しまれることになります。

オードリー・ヘップバーンとの関係

そして1952年2月2日に自身の名前を付けた、ジバンシィ社を設立します。 1954年にはオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburm)が主演を務めた映画「麗しのサブリナ」の衣装製作も行いました。その当時人気のオードリー・ヘップバーンが着用することで、ジバンシィのイメージを象徴する女優となります。 当時主流でもあった、女性の体のラインを強調したスタイルとは対照的に、自由であり、かつ体のラインを表現しないスタイルは新鮮さがあり、新しい流行りを生み出しました。 その後も、オードリー・ヘップバーンの主演映画、「ティファニーで朝食を」や、「おしゃれ泥棒」といった代表作の衣装製作も手掛けます。

大きな反響

1955年には、ウエストやヒップを強調しないシュミーズドレスを自由なラインとして発表しました。革新的な衣装だとして世の中からの反響が大きくありました。 1956年には「ジバンシィユニバーシティ(Givenchy University)」、1962年にはフレグランス部門にも参入しました。 そして、1972年には男性向けの化粧品を手掛けます。 1973年に、メンズウエアライン「ジェントルマンジバンシィ(Gentlemen Givenchy)」を立ち上げました。 1987年にLVMH社がパルファム・ジバンシィを、1988年にはジバンシィクチュールを買収しました。ユーベルト・ジバンシィ自身は、名誉会長兼、芸術部門責任者として、創作分野に専念することとなりました。 そして、1995年のオートクチュール・コレクションで引退し、最後のコレクションとなりました。
ジバンシィ 高価買取いたします »