ゴールデングースとは

ゴールデングース ブランド(GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND)は、2000年にアレッサンドロ・ギャッロ(Alessandro Gallo)とフランチェスカ・リナルド(Francesca Rinaldo)によって設立された、イタリアのファッションブランドです。 グッド・ラックを意味する造語として考えられており、コンセプトは、自分のパーソナルスタイルに合った衣服を作ることです。ですのでトレンドを求められてもそれを無理に提供しません。 洗練されたデザインが現代的で、アメリカンなテイストも感じさせるものとなっており、自分たちのスタイルを伝統的なイタリア仕立てで表現しています。自然とトレンドを感じさせながら、それにばかりとらわれないスタイルが特徴的です。

人気アイテム達

設立当時は自分たちが着たいものを作る、を合言葉に普通のアイテムを再解釈するような職人的なものファッションアイテム作りを極め、レザーアイテムやシャツを作っていきました。 特に人気があるのが、地元ヴェネツィアの職人技が代々受け継がれてきた、ライダースなどのレザーアイテムです。 2007年にはブランドの象徴ともなるスニーカーを発表しました。ヴィンテージ感あふれるハンドメイドのスニーカーは、発表されると瞬く間に人気に火が付きます。

広がる展開

2012年には、ゴールデングース ブランドのテイストを踏まえ、スポーツウエアを提案し、セカンドラインとなるHAUS/GGDB(ハウス/ジージーディービー)をスタートしました。さらに、スポーツウエアだけでなくステーショナリーも発表したのです。 2014年3月には、販売の拠点ともなる店舗をイタリアのミラノに出店します。同年8月には、日本初となる東京の青山に、日本の中心店舗をオープンさせました。 ゴールデングース ブランドは、アートの興味・関心も高く、地元のヴェネツィアで開催されている、ヴェネツィア・ビエンナーレとコラボレーションも果たしているのです。 ブランド創設から現在も、製作は全てヴェネツィアの革靴工場で全て職人たちのハンドメイドで作られており、デザインはもちろんのこと、クオリティーの高さも人気の一つとなっています。 2000年に創設され、わずか10年後には大きなブランドへと急成長を遂げ、今や世界中のファッション好きな方から、絶大な人気を誇るまでになっているのがゴールデングース ブランドです。
ゴールデングースの買取についてはこちら»