ケンゾーの始まり

ケンゾー(KENZO)は、1970年に創立した日本のファッションブランドです。創立者の高田賢三は、1939年兵庫県に生まれ、神戸市外国語大学中退、文化服装学院デザイン科師範科を卒業後、三愛、ミクラを経て、1960年文化服装学院在学中に第8回装苑賞を受賞しました。 1965年に単身フランスに渡り、ビューロードスチールに勤務後、1970年に独立をします。 フランス、パリ2区にある小さなモールが立ち並ぶギャルリ・ヴィヴィエンヌで、プレタポルテにある小さなブティックであるジャングル・ジャップ(現在のケンゾー)をオープン。 また同年に作品がELLEの表紙を飾ると同ブランドはパリ・コレクションで注目されるブランドへと成長を遂げました。 1972年、ドロテビス(Dorotebisu)やシャンタル トーマス(Chantal Thomass)らとのジョイントで、5回目のショーをサレ・ワグラムで行いました。 花柄を多く使い、カラフルな色彩や民族衣装を取り入れるなど和洋折衷を上手に取り入れたデザインは、モード界に大きな影響を与え、同年日本ファッション・エディターズ・クラブ(F.E.C.)賞を受賞しました。 1976年プラス・デ・ヴィクトワールに、ブティックとアトリエを結集し、1979年オペラDer Zeitlaufがソル・ファボレで公演され、その衣装を担当しました。

ブランドの発展

1983年、今まで手を付けなかったメンズウエアラインを手掛け、1986年にはスポーツウエアのケンゾー・ジーンズとケンゾー・ジャングルを発表し、タオルやTシャツなどが一般的に知られるようになりました。 1984年フランス政府より国家功労章であるシュヴァリエ・ド・ロルドル・デザール・エ・レトル芸術文化勲章(シュヴァリエ位)を受章しました。 1985年ケンゾー・パリ(株)を東京に設立し、パリの本社ジャングル・ジャップ (JANGLE JAP)をKENZO S.A.に社名変更しました。同年、毎日ファッション大賞を受賞し、武道館でケンゾー・ショーも開催しました。 1987年夢工場・ケンゾーショーを大阪と東京新国技館で開催し、大反響を収めました。そして、メンズを対象としたルイ賞(第1回)の受賞者となりました。 1989年ふるさと姫路で初の野外ファッションショー、姫路城三の丸広場で行われたケンゾー・IN・HIMEJIと、姫路市立美術館でKENZO展を開催し、同年9月、有楽町西武にてLiberte KENZO展を行うなど精力的に活動範囲を広げました。 1999年ロバート ウィルソンとのコラボオペラ魔笛の舞台衣装を担当し、同年5月日本の紫綬褒章を受章しました。10月、30年間のコレクションを2000年春夏コレクションとしてLE ZENITHにて発表するなど幅広く活躍しています。
ケンゾーの買取についてはこちら»